素材まとめ・繊維や染色の特徴を覚えれば、いいものを長く着られる

この素材ってどんなお手入れをするのがいいんだろう?

繊維は、お手入れ方法を誤ると持ちが悪くなったり、ケア方法次第で長く着ることができます。
質がいいアイテムこそ丁寧なお手入れで長く使いたいですよね。
知っておきたい繊維や染色の知識についてまとめました!
それぞれのリンクをクリックすると詳しいページへ飛ぶことができます◎

CONTENTS

天然繊維・素材まとめ

綿(コットン)

シーズンを通して着ることができるおなじみのコットン。
コットンの中でも種類がたくさんあるってご存知ですか?
取り扱いが楽で初心者でも扱いやすいコットンについてまとめました。


 

麻・リネン

通気性がよく、夏に活躍する麻素材。
シワや縮み・白色化がデメリットですが、上手に予防する方法はあるのでしょうか?


 

毛(ウール)

冬はニットやコートに多様されるウール。
ウールのチクチクが苦手という方や、お手入れ方法を誤ってしまうと衣替え時に虫食いを発見してがっかりなんてことも。
ウール製品の取り扱い方法やデメリットの対策をまとめました。

 

絹(シルク)

高級素材のシルク。
パーティドレスや着物など晴れの日に着ることが多い素材ですよね。
デリケートなので特殊なケアが必要??と思うかもしれません。
長くシルク製品を身に付けられるような正しいお手入れ方法を解説しています。


 

レザー(皮革製品)

ジャケットや服飾小物に多く使われるレザー製品。

レザーは月日が経つにつれて素材に味が出てきて自分だけの特別感も味わえます。
レザーのお手入れは特殊で難しそうと思われるかもしれません。
ファンも多いレザー素材について、取り扱い方法からオススメのケアアイテムまで紹介しています。


 

化学繊維・素材まとめ

フラスコでの実験

ポリエステル

乾きやすく、シワになりにくいポリエステルは取り扱いやすいと言われています。

シルクのような風合いを出すこともできる万能ですが、デメリットってあるのでしょうか??

 

アクリル

ウールに似せた合成繊維といえばアクリル。
ニットやマフラーに多く使われますが、静電気や毛玉が発生しやすいデメリットがあります。
これらは予防が可能!その予防方法とは?

ナイロン

三大合成繊維の一つであるナイロン。

強度や伸縮性があり、ストッキングやスポーツウエアのも多少されています。

ただし、熱に弱いというデメリットも…!?
ナイロンの取り扱い方法はこちら。

キュプラ

木材パルプを液状にして糸にする方法や、ペットボトルを再生して作る化学的な方法作られる再生繊維。
その中でもコットンリンターが原料のキュプラ。
肌触りが良く、裏地としてキュプラが使われていることもよくあります。
エコな素材ですが、取り扱い方法や注意点は意外と知られていない!?

レーヨン

キュプラと同じく再生繊維のレーヨン。
こちらは木材パルプが原料。
シワになりやすく縮みもでるレーヨンですがどのようなお手入れが正しいのでしょうか!?

合成皮革・人工皮革(フェイクレザー)

お手入れや保管方法に気を使うレザー製品ですが、本革よりも軽くケアが楽なのがフェイクレザー。

値段も安価に手に入れることができる素材です。

ただし、寿命が短いのがネックと言われています。
少しでも長持ちするフェイクレザーのメリットを紹介します。

 

染色についてまとめ

先染め

先染めは、素材を染色してから布地にする方法です。

生地に深みが出るのが特徴。
しかし、コストがかかるため製品にする場合は高価というデメリットもあります。


 

後染め(プリント・捺染)

布地の状態で染色を行うため、大量生産に向いています。

Tシャツなどのプリントも後染めの一種。
洗濯をするとヒビになったりするプリントも、長持ちするお手入れ方法がありますよ!


 

最後に


素材の特徴について知っておくと、普段のお手入れはもちろん、製品を購入する際にも役立ちます。

もも
もも
このデザイン、すごく好みだけどお手入れが大変そうだな。
それなら、こっちのスカートにした方が長く着れそうかも

お気に入りのアイテムとは長くお付き合いしたいもの。
正しい知識を身に付けて、良いものを長く着れるといいかなと思います。

SHARE
CONTENTS
閉じる