化学繊維

    ナイロンは強度はあるけど耐熱性が低い!?特徴と正しいお手入れ方法

    ナイロン特徴

    スポーツウエアやリュック・タイツなどのファッション小物にも多く使われるナイロン生地。

    ダウンジャケットの表地のほか、ニット・フェイクファーにも使われていますね。

    春先や秋口もナイロン製のマウンテンパーカーなど、軽めのアウターとしても活躍しているのではないでしょうか。

    ナイロン生地は強度がありますが、熱に弱く、溶けやすい特徴があるので注意も必要な素材です。

    お手持ちのナイロン生地、特徴を知って正しいケアを行いましょう◎

    なぜ、アウトドアやスポーツウエアにナイロン生地が多用されるのでしょう??

    ナイロンとは?

    ナイロンは、三大合成繊維の一つです。

    合成繊維とは、人工的に作られた高分子化合物(ポリマー)の繊維。

    三大合成繊維

    ナイロン|アクリルポリエステル

    ナイロンは石油が原料で、合成されたポリアミドを原料として作られます。

    ももな
    ももな
    海外のクオリティー表示にはポリアミドと表記されることも多いよ!

    生産量が多く、ナイロンはアパレル製品の他にも資材としても多く使われる素材です◎

    ナイロンが使われる衣類
    • タイツ・ストッキング
    • レインコート・アウトドア用品
    • スポーツウエア
    • ニット・アウター
    • ランジェリー
    • バッグ など

    ナイロン生地のメリット

    ナイロン特徴お手入れ方法

    ナイロンのメリット|強度がある

    丈夫で軽く、強度があるナイロン生地。

    その上、ナイロンの特徴である伸縮性を活かしてスポーツウエアにも多用されています。

    あ、引っ掛けちゃったかも!と思っても無傷だったりするので安心感あります。

    ナイロンは乾きが早いですが汗は吸収しないので、吸湿性のあるコットンをインナーに着るのがおすすめ!

    撥水性があって「水弾くなぁ」と思ったことはありませんか。

    強度・伸縮性の特徴からタイツやストッキングもナイロン生地は主流ですね。

    引っ張っても強度があり、摩擦にも強い特徴があるので、ナイロンは肌に密着するストッキングに向いている生地なんです!

    ももな
    ももな
    ただし、静電気も起きやすいので合わせるボトムに注意!

    >>静電気対策は、帯電にくいコーディネートで、予防しましょう◎

    電気
    冬の静電気対策は、帯電しにくい洋服のコーディネートで予防◎冬の乾燥した時期、ちょっとドアノブに触れた時や、洋服を着替える時に、 「パチッ」 なんて静電気が起きたりしませんか?少し気を...

    ナイロンは薬品、虫に強い

    ナイロン生地はアルカリに強い生地。

    化学繊維の特徴から、虫害にも合わないのがメリットです◎

    天然繊維だと、どうしても虫に食われる心配が大きいですよね。ナイロンは気にせず使えます。



    ナイロン生地のデメリット

    ナイロン生地は熱に弱い

    ナイロンの特徴とお手入れ方法

    耐熱性のない点が最大のデメリットであるナイロン。

    高熱のアイロンに弱いのでアイロンは低温でかけ、高温設定は避けるのが◎

    ただし、ナイロンはシワになりにくい素材なのでアイロンがけはほとんど入りません。

    アイロンの熱で痛んでしまう方が懸念されます。

    アイロン無しで、陰干しで乾燥させるのみのお手入れで十分です。

    紫外線で黄変する

    ナイロン生地のストッキングやタイツ・黄ばむことありませんか?

    紫外線に弱いナイロン生地は、黄変しやすいので注意!

    黄変するだけではなく、紫外線によりナイロンの強度も低下するので、直射日光の下でナイロン生地を干すのは避けましょう。

    ももな
    ももな
    ナイロン生地は天日干しでパリパリになってることも…

    あれ、干してたらザラザラしてる、なんてこともよくあります。

    黄変と同時に強度も低下してしまいます。

    ナイロンは、発色がいい生地なのでカラフルな色合いが多いのも特徴ですね!また、黒や紺などの暗めの色を選べば、黄変を気にせず着られます。

    吸水性・通気性がない

    汗をほとんど吸わないナイロン生地。

    けれど、それを活かしてマウンテンパーカーやアウトドア向けのバックパックにはナイロンがよく使われています。

    風を通さない特徴のウインドブレーカーとしてもナイロン生地は活躍◎

    摩擦に強く伸縮性があるため、ナイロン生地は動きやすい。

    しかも軽いので、コンパクトに折りたたんで持ち運びに便利なので、スポーツやアウトドアウエアにも向いているんですね!

    また、ナイロンのレインコートやマウンテンパーカーはコンパクトに折りたためるのでクシャっと丸めて持ち運びましょう。

    ナイロン生地のお手入れ方法

    ナイロンは洗濯はできる?

    洗濯表示に従って、ナイロン生地はお洗濯が可能です◎

    ただし熱に弱いナイロン生地、水の温度の高さにも弱いので注意!お湯洗いは避けましょう。

    ナイロン生地はアルカリに強いので、自宅でのお洗濯の際は弱アルカリ性の洗剤でOK。

    ただし、防水加工の施してあるナイロン生地は、水を弾いてしまうのでお洗濯は不向きです。

    レインコートなど、水に濡れたら陰干しをして乾燥させましょう◎

    どうしても全体の汚れが気になる場合はクリーニングに出すのがおすすめ。

    宅配クリーニング・リネットで、送料無料で利用ができます。

    ナイロンは石油系溶剤でのドライクリーニングが向いており、ウエットクリーニングはあまり向いていません。

    洗濯表示を確認の上、ナイロン生地をクリーニングに出すときはドライクリーニングまたは、非常に弱い処理のウエットクリーニングがおすすめ!

    やはり、プロの手に任せるのが間違いありません。

    ナイロンのアイロンがけはNG??

    ナイロンに高温のアイロンはNG。耐熱性がないのでナイロンは溶けます…!

    もともとナイロンはシワになりにくい生地なのでアイロンは不要ですが、低温ならOK。

    底面温度110℃を限度に、スチームなしで仕上げるのがコツ。

    また、もちろん乾燥機の使用も避けましょう!

    ナイロン素材の注意点・まとめ

    アイロンは低温、お湯でお洗濯も避けて、紫外線もNGのナイロン。

    軽くて丈夫・伸縮性がある。

    とにかくナイロン生地は熱に弱い!!

    この熱に弱いという特徴さえ覚えておけば、ナイロン生地は丈夫で扱いやすい素材です。

    耐久性があり持ちもいいので、ナイロン生地の正しいケアで長くおしゃれを楽しみましょう◎

    >>素材・生地ごとのお手入れ方法をチェック!

    denim
    素材まとめ・繊維や染色の特徴を覚えて説得力のある接客を。お客様に素材の特徴について問われた時、正しい返答できていますか? ど、どうだっけ…言葉につまらないように、素材ごと...