>>アパレル業界で働きたい方は CHECK

夏に着たい、透け感のあるシアー素材の特徴と生地のお手入れ方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

夏になるとコットンやリネンなど汗を吸収・発散する素材が快適ですよね。

そんななか、透け感のある「シアー」「オーガンジー」「ジョーゼット」といったシースルーアイテムがトレンドを博しています。

Teeシャツやインナーに重ねたり、ボリュームのあるシアースカートも人気。

そもそもシアーってなに?どうお手入れしたらいいの?

人気のシアー、薄くて扱いにくそうだから手が出せない……という方も多いはず。

本記事では、シアー生地の特徴からかんたんなお手入れ方法まで紹介します。

CONTENTS

シアー素材とは?特徴と生地の違いを紹介

シアー(sheer)とは、透ける、透け感があるという意味。

シースルーな見た目ですが、オーガンジー・シフォン・レースなどの種類によって印象が異なります。

織り方・編み方のほかに使われる原料によっても風合いは変わってきます。

主なシアー素材を紹介します。

オーガンジー

オーガンジーは、平織りで光沢・ハリがあります。

華やかは風合いなのでドレスやコスプレ衣装にもよく使われます。

薄手なので、重ねてボリューム感を出してもGOOD。

コットン・シルク・ポリエステル素材が多く、服のディテールの一部にオーガンジーが使われることも。

シフォン

オーガンジーよりも薄手で柔らかくフェミニンな印象なのがシフォン生地。

細番手の糸が使われるので、より軽くシワにもなりにくいのが特徴です。

ドレープ性があるので、ワンピースやスカートのほか、ランジェリーにも用いられます。

チュール

もともと絹で編まれたチュールは、縦糸を網目(メッシュ)状に絡めた編み物。

レースの一種で、使う糸によって柔らかいものからハードな手触りまでさまざま。

ボリュームのあるスカートやチュチュ、パニエの衣類の他にもリボンやアクセサリー、帽子やバッグの一部に飾り布として使われたりします。

楊柳(ようりゅう)

ECサイトやショップでトップスやワンピースを探してると、商品名に【楊柳】とついたアイテムをよく目にしませんか。

楊柳(ようりゅう)とは、綿織物の一種で布面に「しぼ」を出したもの。

凹凸があるので肌に密着せず、夏でも快適に着られます。

シアーの中でも透け感が少なく、もともとシワ感のある風合いでクレープとも呼ばれます。

ジョーゼット

ジョーゼットクレープとも呼ばれ、強撚糸の生地に高熱をかけて縮ませ「しぼ」を出した生地。

薄くて軽いだけではなく、しぼによるシワ感で凹凸があるので春夏も快適に着られます。

収縮させた素材なので弾力があり、オケージョン用ワンピースでもシワを気にせず着られるのもメリット。

オーガンジー…ハリがあり、華やか
シフォン…やわらかくフェミニン
チュール…メッシュ状で飾りとしても使われる
楊柳…強撚の縦糸でしぼを出し、シワ感のある風合い
ジョーゼット…弾力があり涼しく着られ、華やか

シアー素材の洗濯・お手入れ方法

薄くて軽いシアー素材、お洗濯にも気をつけましょう。

基本的にドライクリーニング

扱いにくいと思われがちなシアー素材。

洗濯絵表示に従いお手入れを行いましょう。

基本的にオーガンジーやジョーゼットといったシアーアイテムはドライクリーニングに出すのがおすすめです。

風合いが変わってしまったり、シワを防ぐことができます。

洗濯機は使える?長持ちするお洗濯方法

カジュアルなシアーアイテムなら、自宅でのお洗濯可の場合も。

セルフケアのコツを紹介します。

もも
もも

洗濯機OKの場合も、ネットに入れて洗いましょう!

基本的には手洗いがおすすめ。

手順を紹介します。

  1. 30〜40℃のぬるま湯とおしゃれ着洗いを注ぐ
  2. シアー素材のアイテムを入れ、優しくもみ洗いする
  3. 2〜3回すすいだら、再び水をためて柔軟剤を注ぐ
  4. 衣類になじませ、手で絞りながら脱水
  5. 陰干しをする

シアー素材の保管方法は?

ポリエステルなどシワになりにくい素材が多く使われるものの、柔らかいシアー素材は保管方法に注意。

シワを伸ばすには、低温のスチームアイロンを丁寧に当ててハンガーで保管しましょう。

高温のアイロンはシアー素材が溶けてしまったり、生地が傷んでしまう恐れがあります。

シアー素材のアイテムをチェック

シアー素材のアイテムをいくつか紹介します。

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!

Author

アパレル従事10年以上。
現在は某セレクトショップにて店長をしています。
販売員のノウハウからファッションについて発信しています。

CONTENTS
閉じる