夏に着たい涼しげ素材!クーラー日焼け対策「シアサッカー」の魅力と洗濯・ケアのコツ

暑い夏の時期は、薄手で涼しく着られるTシャツがマスト。
とはいえ、女性は特に「日差しも避けたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

ちょっとしたすけ感のあるシャツを日焼け対策として羽織りたいところ。
そんなときに活躍するのがシアサッカー素材。「しじら織り」とも呼ばれる薄手の生地です。

クーラー対策や日差しを避けるために夏の羽織として着たいシアサッカーの魅力を解説します!

CONTENTS

シアサッカー素材とは?特徴と魅力

シアサッカー(seersucker)は、見た目ですぐわかる凸凹と平らな部分を組み合わせた縞模様が特徴。
経糸(たていと)の張力を活かしてストライプやチェック柄に仕立てたアイテムもよく見かけます。

シアーサッカー、サッカー表記のほか、素材によってはコットンサッカー、ドライサッカーと呼ばれることも。

【シアとは?】
薄い、透き通るの意味。インド原産の亜麻(アマ)をシアサッカーと呼んでいた。

現在は、亜麻よりも綿(コットン)を使ってシアサッカーをつくることが多いです。

サラサラの肌触り

シアサッカーは、サラっとした感触で肌触りが夏に着用する際の大きなメリット。
快適さの秘密は、シボと呼ばれる波打ったシワ模様で凸凹ができ、全体が肌に触れないため着心地がいいのです。
コットンや麻でつくられるシアサッカーは、ドライタッチで清涼感があります。

シワになりにくい

もともと、縞方向に凹凸がはいっているのでシワになりにくく、シワが目立たないのも特徴の一つ。
シワ感も風合いとして楽しむことができます。
また、アイロンがけをする必要がないので洗ってすぐに着用ができるところもメリット。

ジャケットからルームウエアまで!シアサッカーが使われるウェア

涼しげなシアサッカー、カジュアルウエアからフォーマルな場面まで幅広くアイテムがラインナップされているのも特徴。

夏用のジャケットとして

夏用のジャケットとして取り入れる際におすすめの素材です。
ビジネス用としてもライトな印象で、普段遣いでもカジュアルに着こなせるので一着はもっておきたいところ。

ルームウェアとして

ドライで清涼感のあるシアサッカーは、薄手のジャケットのほかにパジャマの生地にもつかわれます。
夏でも涼しく快適に眠れるので、ぜひシアサッカーのパジャマも取り入れてみてください。

シアサッカー素材洗濯のポイント


コットンを原料としたシアサッカー素材ですが、薄手の生地なので洗濯機を使う場合は注意。

縮み、色落ちに注意

手洗いモードや弱めのコースで洗うのがおすすめです。
特にジャケットの場合は濃いめの色味をつかっていることも多いので、白ものの衣類との洗濯には注意が必要。
念の為、分けて洗うか、洗濯ネットに入れて対策をしましょう。

洗剤もおしゃれ着用洗剤で優しく洗うのがポイントです。

アイロンがけは不要

シアサッカー生地は、もともとシボ(凹凸)があるためアイロンをかける必要がありません。
多少のシワ感は風合いとして楽しめるので、洗濯後のケアが楽な点も大きなメリットですね。

汗をかいても洗濯をしたらそのまま着られ、乾きも早いのでずぼらな人でもケアが楽です。

シアサッカーを取り入れて、快適な夏を

ジャケットからパジャマまで幅広く活躍するシアサッカー。
冷房対策にもつかえて重宝するこちらの生地は、一つはもっておきたいところ。

上手に活用して、涼しく快適な夏を過ごしましょう!

SHARE
CONTENTS
閉じる