>>Amazon新生活セール

デニムの人気ブランドと年代別着こなし方!正しいお手入れで長く穿く秘訣も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

デニムは、耐久性と実用性から始まったワークウェアとしての歴史持ち、時代を超えたファッションアイテムとしての地位を確立。

そのシンプルながらも多様な表情を持つ生地は、どの世代にも受け入れられ、トレンドに左右されず幅広い着こなしが楽しめます。

常に進化を続けるデニムウェアは、新しいデザインや機能を取り入れつつ、サスティナブルな配慮も加わり、さらなる人気を呼んでいます。

本記事では、人気デニムの種類から着こなし方、長く穿ける正しいお手入れ方法まで幅広く紹介します。

CONTENTS

デニムの人気種類とシルエットごとの魅力

デニムの各シルエットには独特の魅力があり、個々のファッションセンスを際立たせる要素となっています。

流行に左右されることなく、スリムフィットからフレアまで多彩なバリエーションが存在し、それぞれの個性を表現できる豊かさがますます人気を集めています。

スリムフィットデニムの人気と着こなし

スリムフィットデニムは、足のラインを美しく見せる締まったシルエットが特徴です。

体型を選ばず、スタイリッシュな印象を求める人に愛され続けています。

シンプルなTシャツと合わせてカジュアルに着こなしたり、ジャケットで引き締めてスマートな着こなしを楽しむこともできます。

また、アンクル丈で抜け感を出したり、ロールアップして足首を見せることで、より現代的なスタイリングが可能になります。

また、スキニーデニムは伸縮性があり楽な穿き心地なので、ワンピースを併せても◎

ボーイフレンドデニムのリラックス感

ボーイフレンドデニムは、その名の通り男性の服を借りたようなゆったりとしたシルエットが魅力です。

リラックス感ある着心地でありながら、トップスや靴選びで女性らしい洗練されたスタイルも楽しむことが可能です。

厚手のニットやルーズなシャツと合わせれば、休日のリラックスタイムにぴったり。

ハイヒールと組み合わせ、カジュアルながらもエレガントな雰囲気に着こなしても◎

ストレートカットデニムのクラシカルな魅力

ストレートカットデニムは、トレンドに左右されないクラシカルなシルエットが愛される秘訣です。

どんな体型でもマッチしやすく、どの年代からも支持されている定番の形です。

ヴィンテージ感のあるウォッシュやリジッドデニムなど素材の選択によっても様々な表情を見せ、幅広いトップスとも相性が良いためコーディネートの拠点として重宝されます。

フレアデニム、ブーツカットデニムの復刻トレンド

フレアデニムやブーツカットデニムは、70年代のファッションを彷彿とさせるトレンドの復刻版です。

足元が華やかになり、歩くたびに揺れるシルエットが女性らしさを演出し、スタイルアップ効果も期待できます。

クロップドトップスやタイトなシャツと合わせることで、モダンなバランスも素敵。

復刻トレンドとしてのブームを超え、多くの人に取り入れられるスタイリングアイテムとして定着しています。

デニムの定番人気ブランドは?

デニムブランドは数多く存在し、それぞれに歴史とこだわりがあります。

  • リーバイス…デニムの歴史を築き上げてきたブランド。クオリティの高さと伝統を守り続ける姿勢がファンから支持
  • リー…表面がフラットな左綾のデニムを採用。やわらかい穿き心地
  • acne studios…洗練されたシルエットが若い世代からも人気のブランド
  • A.P.C(アーペーセー)…硬く中は柔らかい独自の生デニムが人気
  • RRL(ダブルアールエル)…『ラルフローレン』のハイエンドカジュアルライン

定番のブランドから新しいブランドまで、それぞれの特色を活かしたアイテムがデニム愛好家に大切にされているのです。

デニムの選び方とコーディネート

デニムを選ぶ際はシルエット、カラー、素材に注目しましょう。

流行を追いつつも、自分のライフスタイルに合わせたデニムの活用法を見つけることが大切です。

カラーで魅せるデニムの着こなし方

デニムのカラーバリエーションは豊富です。

定番のインディゴブルーは流行に左右されず、歳を重ねても活躍するため一本はもっておきたい色。

ホワイトは清潔感をプラスし、ブラックはシックで都会的な印象を与えます。

  • インディゴブルー…王道であり何にでも合わせやすく、着回し力抜群
  • ホワイト…トレンド感のあるスタイル
  • ブラックデニム…スタイリッシュさが人気
  • ライトブルー…春夏にぴったりで、爽やかなコーディネートの主役

コーディネートの際、デニムを主役にする場合、トップスやアウターをシンプルにするとパンツのカラーが際立ちます。

同時に、シーズンやシーンに応じたカラーの組み合わせを楽しむことで、ファッションの幅が広がります。

アクセサリーとデニムの組み合わせ方

デニムスタイルにアクセサリーを取り入れることで、ワンランク上のこなれたコーディネートが完成します。

シンプルなデニムなら、大胆なネックレスやイヤリングを選んでアクセントに。

Gジャンやデニムシャツにブレスレットや腕時計を合わせる場合、袖をロールアップすることでより一層目立たせることができるでしょう。

重ね付けすることで個性が光りますが、全体のバランスを考え、過度な装飾は避けるのがセンスの良いコーディネートです。

年代別デニムの着こなしポイント

若い世代ではトレンドを取り入れた大胆なデザインやカットオフ、ダメージが特徴のデニムが好まれることが多いです。

30代以降では、上品さや落ち着きを重んじたシルエット、色味の選択がポイント。

40代では、高級感のあるデニムやクラシカルなストレートカットを選ぶことで、洗練された大人のカジュアルスタイルを作り出せます。

また、50代以上では快適な履き心地と上品な見た目を兼ね備えたデニムを選ぶことが肝心です。

どの年代においても、体型を美しく見せるフィット感のあるデニムを選ぶことが大切です。

デニムのお手入れと長持ちさせるコツ

デニムを長持ちさせるには、適切なお手入れが不可欠です。

洗濯方法や保管方法に気をつけることで、長く愛用できるデニムになります。

正しいデニムの洗濯方法

デニムは頻繁に洗濯すると色落ちしやすく、素材も傷みやすいため、洗濯の方法には注意が必要です。

まずは洗濯前に裏返しにし、他の衣類とは分けて洗うことが肝心です。

温水よりも冷水を使用し、弱水流でゆっくりと洗いましょう。

漂白剤は色落ちの原因になるので避け、デニム専用または色褪せ防止の洗剤を使用すると良いでしょう。

また、洗濯機での乾燥は避け、自然乾燥が理想です。

太陽光に長時間晒すと色褪せの原因になるため、陰干しにすることもポイントです。

(TheLaundress)デニムウォッシュ(クラシック)475ml [並行輸入品]
ザ・ランドレス(THE LAUNDRESS)

デニムの色褪せを防ぐ方法

デニムの色持ちは、適切な洗濯方法と保管方法によって大きく左右されます。

色褪せを防ぐためには、洗濯頻度を控えめにし、必要以上に洗わないことが基本です。

着用後は、風通しの良い場所で陰干しし、生地にこもった湿気を取り除きましょう。

保管の際は直射日光を避け、すぐにたたまずハンガーで吊るすとシワになりにくく、型崩れも防ぐことができます。

デニムのリペアとカスタマイズ

着用を重ねるうちに現れるダメージは、デニムの味わいを深める要素の一つです。

小さな穴や破れが生じた場合、リペアに挑戦することで長く愛用できるようになります。

当て布を使った補修や専門店によるリペアサービスを利用すると、プロの技術で美しく修復してくれるでしょう。

カスタマイズにより個性的なデニムに仕上げることも可能です。

ペイントやパッチワーク、スタッズの追加など、自分だけのオリジナルデニムを作り出す楽しさを味わうことができます。

メンズ・レディース別おすすめ人気デニムアイテム

人気のデニムアイテムをメンズ・レディース別に紹介します。

メンズのおすすめ人気デニムアイテム

メンズのすすめ人気デニムはこちら。

リーバイス501

RRLスリムフィットセルビッジジーンズ

Lee AMERICAN RIDERS

ナノ・ユニバース スタイリッシュストレッチデニムGジャン

レディースのおすすめ人気デニムアイテム

レディースのすすめ人気デニムはこちら。

Acne Studios ブロコンスト ストレートレッグジーンズ

アー・ペー・セー ストレッチミドルウェストデニムジーンズ

リー ペインターパンツ

リーバイス デニムジャケット

まとめ

デニムは普遍的な人気を誇るファッションアイテムですが、シーズンごとに新しいトレンドや洗練された着こなし方が提案されています。

自分に合ったデニム選びと丁寧なお手入れ、さらにはコーディネートやカスタマイズを楽しむことで、日々のスタイルをより豊かにできるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE

Author

アパレル従事10年以上。
現在は某セレクトショップにて店長をしています。
販売員のノウハウからファッションについて発信しています。

CONTENTS