面接・採用

    アパレルの面接|面接官に聞かれる質問内容の対策

    面接質問対策の勉強
    面接でどんな質問が飛んでくるのかわからないから緊張する…

    アパレルの面接って、堅苦しくなくラフな面接が多いです。

    面接の内容も、どうしてアパレルを志望したか、今までどのような仕事をして来たか、どんなファッションが好きか。

    想定しやすい質問内容が多いので、きちんと面接対策をしていれば問題なし!

    正社員からアルバイトまで幅広い雇用形態の採用担当をしている私が、面接官目線で想定される質問内容についてお答えします◎

    アパレルの面接ではどんな質問内容が多いのでしょう!?

    アパレル面接の質問内容|志望動機

    一歩踏み出す

    必ず聞かれる質問内容は「志望動機」

    アパレル業界の面接に関わらず、必ず「志望動機」は質問されます。

    志望動機については、>>中途採用の面接|志望動機をうまく伝えるには「きっかけ」を話そうの記事に詳しく書いているので参考にしてくださいね。

    好きだからという理由はもちろん、それはどうしてか?きっかけがありますよね。

    志望動機の質問では、その「きっかけ」を話すとスムーズ◎

    面接の質問は履歴書に沿って聞かれる内容が大半

    職務経歴・経験の有無の質問内容

    面接での質問は、基本的に履歴書に沿って行われます。

    アパレル経験者の場合、どのくらいの期間でどのような業務をしていたかは必ず聞かれる質問内容!面接でのアピールポイントにもなるのでしっかり準備しておきましょう◎

    一応経験者だけど…アピールできるようなところがないんですが…

    いやいや!あなたが思っている以上に面接でアピールできるポイントはあるはずですよ!

    アパレルなら、顧客さんづくりを頑張っていた、個人売り達成するために取り組んでいたことがある、等どんな些細な内容でも頑張ってきた内容を面接で話せばOK!

    また、アパレル業界未経験の場合も今までの経歴でプラスになる事柄や、共通する利点を見つけてアピールポイントにしましょう!

    アピールポイント
    • 経験の長さ
    • 前職の職務内容
    • 目標達成までにしてきたこと
    • 役職の有無
    • 表彰歴 など

    「今なにか勉強しているか」の質問

    社会人になると勉強をしなくなる人がかなり増えます。

    けれど、社会人になってからこそ向上心も持って何かしら勉強に打ち込めていると高評価。

    それは仕事に直接関わらなことでも大丈夫。

    英会話やプログラミング、マーケティング、読書、資格取得に向けて勉強、どんな内容でも勉強をしている人は会話のストックも多く接客業では有利。



    アパレル業界ならではの、よく聞かれる質問内容

    本を読んで勉強する

    好きなブランドやよく行くショップ

    志望者が普段どのようなブランドが好きか面接官も知りたいところ。

    好きなブランド、よく行くショップはアパレルの面接でよく聞かれる質問の一つ。

    同時に、応募したブランドで買い物はよくするのか、という質問も聞かれやすいです。

    ももな
    ももな
    買ったことがなくても、正直に話しましょう!

    ちょっとドキッとする質問内容ですが、たとえ応募したブランドを買ったことはなくても面接官はそんなこと気にしません。笑

    もちろん、応募のブランドが大好きで志望した方も多いと思います!

    好きなブランドは?の質問が来たら、猛アピールを。好きな思いをぶつけましょう◎

    今日のファッションのポイント

    面接というTPOに合わせたファッションができているか。自分が一番よく見える(映える)ファッションができているか。

    アパレルの面接ではこのようにファッションの着こなしについて質問が飛んでくることも。

    面接官は今日のファッションのポイントを質問して、ただ流行のファッションをしているだけでなく、自己ブランディングができているか見ています!

    アパレルでは私服で行う面接が多いので、ファッションセンスもアピールしましょう。

    自分の長所・短所(弱点)の質問

    アパレルに限らずよく面接で聞かれるのが「長所と短所」について。

    面接官
    面接官
    あなたの弱点は何ですか?

    と聞かれるケースも。

    弱点を聞かれると…正直に答えていいのか…

    自分が話した弱点が致命的でこれで面接に落ちたらどうしよう…と思って無難な返答をしがちな質問内容です。

    上手な返答内容は、「弱点を述べて、弱点が長所になるように話すこと」

    例えば、

    私の弱点は、物事にハマり過ぎてしまうことです。熱中し過ぎて加減ができなくなる弱点がありますが、それだけの集中力があります。

    と、短所を長所に置き換えて述べましょう!

    マイナスの質問も、プラスに持っていくのが面接のコツです。

    面接の締めの質問内容

    面接で質問をする

    最後に聞きたいことはありますか?

    逆質問と言われる、面接官側が「最後に質問はありますか?」という内容のもの。

    面接では、面接官が志望者に質問をしていく他に、業務内容や待遇などの説明も同時に行われます。

    内容を理解してくれたか確認のためにもこの逆質問が行われます。

    志望者側も、最後のアピールチャンス!

    逆質問については、アパレル販売の面接・最後に必ずある逆質問「質問はありますか?」対策の記事を参照にしてくださいね。

    質問内容を想定して、面接対策を!

    アパレルの面接では、

    • 志望動機
    • 履歴書に沿った質問対策
    • 勉強していること
    • ファッションについて
    • 逆質問

    これらの質問内容について事前準備をして対策をしましょう◎

    その他に、最近気になったニュース・熱中していることなどの質問も対策しておくといいかも。

    自己ブランディングができているか、健康面は良好か、常識・マナーはあるか。質問されなくても見られています!

    アパレルの面接で小難しい質問はされないですが、時事ネタやニュースはチェックしておくと◎

    どんな内容の質問が来ても、自然体で伝えようとする姿勢を大切にしてくださいね。

    上手に話せなくても、気持ちを伝えることが重要です!

    面接対策を十分に行なって、悔いのない面接を◎頑張ってくださいね!