接客でストレスが溜まるなら|不満解消させる正しい立地・勤務先選び

接客をしていてクレームが入ったり、理不尽な返品があったり…

接客でストレスが溜まる要因って些細なことの積み重ねではないでしょうか。

どんなに楽しくやりがいがあったとしても、販売員は対人の仕事なので、どうしても接客のストレスはつきもの。

少しでも接客によるストレスを軽減したいのなら、環境を変えてはいかがでしょうか。

結局、ストレスの原因は「対人関係」であることが大半です。

ストレスが少なく働ける場所なら、

百貨店をおすすめ

します。

スポンサーリンク

接客でストレスが溜まる要因

お客様のマナーによるストレス

接客でのストレスは、対人関係が90%以上と言われています。

例えば、フィッティングで頼んでもフェイスカバーを使ってくれていない・店頭の商品を荒らし放題で帰られる・無理な要望・乱暴な口調など…

スタッフ同士ではなく、ぶっちゃけお客様に対してストレスを貯めることもありますよね。

ちょっとしたことでも少しずつストレスが積み重なるもの。

もも
もも
売り場荒らしてもらっても大丈夫!だけど気持ちがいいものではない…

販売員とお客様は対等な立場ではありますが、「私は客よ!」と上から目線の方がいるのも確か。

最近では、「カスタマー・ハラスメント(カスハラ)」という言葉もよく耳にします。

ニュースでも大きく取り上げられるカスハラですが、販売員にとっては共感する一方でトラウマが蘇るネタではないでしょうか。

マナーの悪いお客様によってストレスを抱える販売員も多いのではと思います。

クレーム対応でのストレス

商品に対するご指摘や接客・販売員の態度へのクレーム。

販売員の経験が長くなるほどクレーム対応は避けて通れないですし、理不尽なクレーマーに言いたい放題言われてはストレスも溜まりますよね。

上に立つ立場になれば、当事者ではなくてもお客様に頭を下げる場面も増えてきます。

https://momonanblog.com/kokyakusamawohuyasitakerebakami/

ただ、丁寧なクレーム対応は今後上顧客様となる場合も!

クレーム対応一つで今後のお客様との関係が左右されるので、誠意を持った対応を心がけましょう。

相性の悪いお客様

販売員は、人と接する仕事なのでお客様と相性が「合う・合わない」という問題もありますよね。

販売員だって人間なので、苦手だと思うお客様がいてもおかしなことではありません。

無理して接客をする必要もありません。

もも
もも
スタッフによってお客様の得意不得意もありますよね。得意なスタッフに付いてもらうのも◎

店舗の中で「中年おお客様が得意なスタッフ」「カップルが得意なスタッフ」などスタッフ間で得意を共有するのも上手にお店を回すコツです。

普段から、スタッフ同士でコミュニケーションをとり、自分がどんなお客様が得意か共有すると◎

スタッフ同士の相性

お客様を接客していてストレスが溜まってしまう他に、販売員同士のストレスも溜めがちではないでしょうか。

上司や店長からの指導方針に疑問を抱いたり、そもそも尊敬できるかと言われればそうでもなかったり。

この人の下で成長できるのかな?なんて不安もあるかもしれません。(もちろん自分自身の努力が必須ですが)

スタッフ同士の考え方の違いによってストレスがかさむこともありますよね。

販売のお仕事は大好きだけど、スタッフと合わない…ということもあるかもしれません。

そういうケースほど、ちょっと働く環境を変えるだけで見違えるほど成長できる可能性を秘めています。

キツいなと思ったら、抱え込みすぎず心機一転してみてはいかがでしょうか。

心機一転させてストレスの少ない環境に飛び込むなら「百貨店」がオススメです!

接客ストレスが少ない「百貨店」

ストレス排除!クレームが少ない館はどこ?

ファッションモール

私は今まで【個人経営の店舗】【大手セレクトの路面店】【ファッションモール】【百貨店】とアパレルの中でも様々な館で働いて来ました。

また、ヘルプでアウトレット店舗でも1ヶ月以上出張に行き働いた経験もあります。

やはり、いろんな形態の店舗を回ってみて実感しましたが、館によって特色があるので「この館働きやすいな」とか「ここ苦手だな」というのがはっきりしてきました。

例えば、私の体験談ですがマス層メインのファッションモールや駅ビルは客数も桁違いということもあり、クレーム・返品も多かったです。

それに比べて接客でストレスが少ないのは、やはり

路面店や百貨店

でした。

百貨店で働くと接客ストレスが少ない理由

様々な館を経験して感じたのは、百貨店のお客様はあまりクレームを言わない!

ある程度接客に慣れていらっしゃり、客層も寛大な方が多い印象です。

理不尽なクレームをつける人がほとんどいないので接客でストレスが溜まることがあまりなかったです。

もちろん、どの百貨店でも接客ストレスがたまらないというわけではないですが、やはり立地や館によって来店される客層に特徴はあるのは確か。

価格より質を重視してくれる客層

百貨店って、価格より質を重視した品揃えですよね。

百貨店に併設されているスーパーなんかでもお値段張っても新鮮で安心感がありませんか。

アパレルでも、百貨店に出店している店舗は価格帯も上位。それを求める上質なお客様が来店されます。

館が、ふるいにかけてくれる。

もちろん、販売員側に不手際があればクレーム等も起こりますが理不尽なお怒りをされる方はほぼいません。

そのため接客時にストレスを感じることが少なくなります。

ストレスの少ない百貨店で働くメリット

百貨店で働くと、いざ転職をしようと思った時も実は有利。

転職エージェント等でも百貨店経験者は優遇される傾向にあります。

私自身も、店長として採用担当を行っているため転職エージェントの方とやり取りをする機会が多いのですが、やはり百貨店経験者は優遇されています。

百貨店絵は丁寧でマナーを重要視する接客テクニックを身に付けることができ、接客講習や研修も充実しています。

販売員としてのスキルアップのためにも百貨店勤務はおすすめ。

働く前に「館」「立地」も注目しよう

アパレル販売員のストレスを軽減

働く場所・環境を重要視すればストレス軽減

どの立地や館で働くかによって、接客時のストレスを感じる度合いはかなり違って来ます。

正直あまり良いとは言えない立地で働いていた時、クレームは日常茶飯事で返品も多かったです。

少しほつれがあったから値引きしてくれとか、販売員の粗探しをしたり…揚げ足取りをしたり…

中には、返品したいがために、明らかに自分で商品に傷をつけて店側のせいにして返品したり。悲しいことですが実際にありました。

やはり、販売員も楽しく、気持ちよく接客できた方が思考もポジティブになり不要な悩みやストレスを抱えなくて済むはずです。

失敗しない勤務先を選ぼう

立地や館によって客質が大きく変わるのも事実。

何をするかもですが、どこで働くかは本当に重要。

アパレルなら、業界特化転職エージェントでお仕事を探すのが賢い方法。

専任のアドバイザーが立地・環境の良い館や勤務先を提案してくれるので安心です。

接客でストレスを溜めていてはもったいない。

どうしても接客業にストレスはつきものではありますが、ちょっと環境を変えるだけで同じ職種でも見違えるほどストレスは減ります!

私も、ファッションビル勤務の頃より百貨店勤務に変えたらストレス減りました。

もちろん、人によって合う館があるので自分にあった環境を精査してくださいね◎

https://momonanblog.com/apparel-agent-matome/

スポンサーリンク