アウトレットで働くメリット|都市部のアパレル店舗との仕事の違いを教えます!

2019 9/03
アウトレットで働くメリット|都市部のアパレル店舗との仕事の違いを教えます!

アパレルの求人を探しているとアウトレットの求人が出ることも多々あります。

ファミリー層から外国人観光客まで様々なお客様が訪れるアウトレット。

郊外にある大きなアウトレットは遊びに行くだけでワクワクしますよね。

実際、

アウトレットで働く

のってどうなのでしょう?

郊外アウトレット施設で長期出張経験もある、現役アパレル店長ももながアウトレット施設で働くメリット・求人をお教えします◎

目次

アウトレット店舗で働くメリット

アウトレット

アウトレットのアパレル店舗の特徴

そもそもアウトレットとは、型落ちやB品(汚れや縫製不良があった商品)を中心に取り扱いますが、アウトレットで販売するための新作商品もあります。

常時セール価格となっており、さらにアウトレット施設自体のセールとなると70%off以上に価格が下がることも。

[

“アウトレットで売られるもの”]

  • 数シーズン前の商品
  • 不良品となり、通常販売できなくなった商品
  • 在庫過多の商品
  • アウトレット向けに作られた廉価品

客層も、ファミリー層からおしゃれに敏感な層まで幅広く、アパレル販売員の買い物目的で来店もされます◎

普段手が出せないブランドをアウトレットでお求めになる方も多いので、

「買い物目的」

でみなさんいらっしゃるため、購買意欲も高い!

団体観光客の方も多く訪れ、外国人のインバウンド集客も見込めるのがアウトレットの特徴です。

アウトレットは様々な客層の方と接することができますよ。

アウトレット店舗に配属されると、幅広い接客スキルを身につけることが可能!!

アウトレット店舗に向いている人材

アウトレットは、周りに他のファッション施設・アパレルショップがないことが多く、アウトレット施設内で働くスタッフの交流が親密。

情報交換をしているうちにコミュニティを作れ、他ブランドのマーケティングもしやすいのが強み。

社交的な方に向いています◎

郊外にあることが多いアウトレット店舗は、近くに自宅がある方は重宝されます。

アウトレット施設で働くなら、

スタッフ用の駐車場が完備

されているところがほとんどで、車通勤がしやすい◎

都市部の店舗だとスタッフ用の駐車場がない場合が多く、必然と電車通勤になるなんてことも。

もも
もも
車で通える距離にアウトレット施設があれば、通勤のストレスフリーで働くこともできちゃう!

郊外在住なら、アウトレットは逆に通いやすい!?

アパレル販売員を始めたくても自宅近くにファッションビルや百貨店がないので求人を探しにくい・・・

そんな方は

アウトレット店舗でのアパレル求人

を探すのはどうでしょう。

郊外を中心に展開されているアウトレット店舗なら、アウトレット施設が通いやすいという方も多いのではないでしょうか。

正直、アウトレットのアパレル店舗では人手が足りず、都心部の店舗スタッフが長期出張に来ることもよくあります。

もも
もも

私も1ヶ月間、郊外のアウトレット施設に出張経験があります◎観光地だったから楽しかったな〜(仕事もしてますよ)

アウトレット施設で働くデメリット

car

アウトレットで働くには、メリットばかりではありません。

注意点も多くあるので紹介します。

交通の便が悪い

アウトレットで働くと、自宅の近隣にない場合は通勤のメリットがデメリットとなることも。

車やバイクで通勤ができればいいのですが、アウトレット施設は郊外に多いため交通の便が悪いことがよくあります。

駅から遠かったり、通いづらい面がデメリット。

ただ、アウトレット施設でも駅近だったり、観光地にあったりするので通いやすい場所を上手に見つければ働くことも十分可能。

繁忙期と閑散期の差が激しい

アウトレットで働くと実感するのですが、忙しい時期・暇な時期がはっきり分かれます。

アウトレット施設って、レジャー施設みたいに「アウトレットに行くのが目的」という位置づけではないでしょうか。

土日にファミリー・カップル・友人と、レジャー感覚で訪れる方が多いです。

郊外ということもあり、やはり休日と平日の客数が全く違う!

また、インバウンドに力を入れているアウトレットも多いため、中国の連休にも合わせて販促を打ったりするので、日本の連休・中国の連休がある時はかなりの混雑。

[

“中国の連休”]

  • 元旦|12月30日〜1月1日
  • 春節(旧正月)|2月中旬(大型連休)
  • 清明節|4月上旬
  • 労働節|5月上旬
  • 端午節|6月上旬
  • 中秋節|9月下旬
  • 国慶節|10月上旬(大型連休)

その代わり平日は人がまだらだったりするので状況に合わせて臨機応変に動けるかが重要!

また、営業時間も季節によって変わる場合もあります。

アウトレットならではですね!

アウトレットの求人検索の仕方

アウトレットに強い派遣会社選び

アウトレットで働くのなら、アウトレットに強い派遣求人サイトで探すのがおすすめ。

多くのアウトレットで派遣社員が活躍していますよ!

中でも、>>アパレル派遣なび画像

ではアウトレットの求人に強い!多くのアウトレット施設のアパレル求人があります。

アパレル求人の特化サイトや派遣会社は多くありますが、アウトレットで働きたいならアパレル派遣なび登録で間違いありません。

派遣会社名の通り、アパレル業界の派遣求人に精通しており、アウトレットの求人はやはり派遣会社を経由した案件が多いからです。

アウトレットで働いてみよう

アウトレット施設はファッションビルや百貨店と違い雰囲気も独特。

路面店が立ち並んだ施設は高級感もありますよね◎

客層も様々なため、接客未経験でもどのような客層の接客が得意か精査することができ、今後販売員としてキャリアアップする場合の目安になります。

平日やオフシーズンは閑散としていたり、土日・ハイシーズンはめまぐるしい忙しさだったり、時期によっても表情を変えるアウトレット施設。

アウトレット施設で経験を積めば、今後どんな客層の店舗に配属されても力を発揮することができるはずですよ◎

アパレル派遣なび公式ページ
画像

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次