スキルアップ

    社内公募が行われたら|応募のメリットと登用対策方法

    販売員から本部へ異動したい。

    多部署にもっとやりたい仕事がある。

    そう考えている時に、人事部より社内公募が行われたら…

    ぜひ挑戦してみたいですよね。

    社内公募は、会社側のメリットだけではなく社員も意欲のアピールや昇給・希望部署へ異動のチャンス。

    社内公募が出されたあと、登用に向けた対策と応募のメリットを紹介します。

    社内公募制度へ応募するメリット

    社内公募とは?

    社内公募は、上司や人事の指示による異動ではなく、人材が欲しい部署へ異動希望者を社内から募るシステムです。

    会社が社内公募を行うメリット
    • 優秀な社員の転職を防げる
    • 採用コストがかからない
    • 重要な部署の欠員もすぐに社内から戦力を探せる
    • 新規プロジェクトの公募でモチベーションがアップする

    社内公募を行うことにより、社員は昇進・異動のチャンスができ、会社側も外部より信頼ある社員を本人の意思で異動させられるのでリスクが少ないのもメリット。

    外部より採用するコストや時間も短縮できます。

    社内公募によって昇進を自ら勝ち取ることができれば社員の自信にも繋がり、モチベーションもアップしますよね。

    社内公募で意欲のアピールができる

    社内公募に応募することで、人事や上司にキャリアアップの意思や意欲のアピールができます。

    現状の仕事をそつなくこなしてたとしても、本当は別の部署に興味がある。

    内に秘めている欲をアウトプットしてアピールすれば、必ず今後に繋がるはず。

    何も行動を起こさない社員より意欲のある社員を育てたいものですよね。

    本当に就きたい社内公募に応募を

    ただ今の環境から抜け出したいからという理由で社内公募に応募しても不採用になるだけ。

    社内公募が出るたびに応募するのではなく、本当に興味がある公募に応募を。

    ももな
    ももな
    あちこちの社内公募に応募しまくっても信用度が薄れるだけ…

    希望する公募がなかなか出なければ、人事に社内公募を出して欲しい旨を伝えるのも有効です。

    社内公募に応募するデメリットってほとんどないのでは。

    社内公募の応募にいい顔しない上司なら、その部署は離れて正解だと思いますしね。

    社内公募に応募したら、採用対策も十分に

    応募フォームも重要

    応募方法や条件は会社は公募内容によって様々かと思います。

    社内の公募なんだから、応募フォームや面接なんて形式上のものだけでは?

    と思ってはいませんか?

    今までの社内の実績や地位はもちろんですが、

    • どうしてその社内公募に応募したのか(志望動機)
    • スキルはあるのか
    • どのような貢献ができるか
    • 自分を登用するメリット

    上記を公募担当者へアピールできなくてはいけません。

    社内公募とはいえ応募フォームも誠意があり、やる気をアピールできる内容にしましょう。

    志望動機を明確にすれば、他の応募者と差別化ができます。

    社内公募の面接対策

    社内公募では担当者と面接を行う場合がほとんどなので、面接の対策もしておくと◎

    外部の面接対策とは違い、社内公募は今の社内の現状を踏まえよく理解しながら自己アピールをしなくてはなりません。

    質問に対しても、毎日の仕事の中で改善するべき点、伸ばしたい点も述べながら正直な答えを。

    志望動機もネガティブなものではなく(現在の部署の不満等)、会社に対して成長への貢献やスキルアップなどポジティブな内容を伝えましょうね!



    社内公募に不採用となったら

    次のチャンスへ、スキルアップを

    社内公募は人気部署なら特に社内中から応募が殺到するケースもあります。

    社内公募で不採用になったからといって落ち込むのではなく、スキルを磨いたり前向きに仕事に取り組めば、すぐに次のチャンスはやってきますよ。

    また、一度社内公募を受けたことで得られたもの、成長は必ずあります。

    例えば、面接では何を聞かれましたか?

    例えば、

    面接官
    面接官
    何か、勉強していることはありますか?

    社会人になると、つい仕事に追われ新しく勉強をする機会が減りがち。

    そんな時に社内公募の面接でこんな質問をされたらどうでしょう。答えに詰まったり当たり障りない回答しかできないかも。

    会社自体の成長のために重要なポジションの戦力になる人材を社内公募で探しています。

    社内公募で聞かれた質問で、ハッと気づかされる点もあるはず。

    そこから、新たに自分に向いている仕事の発見があるかもしれません。

    社内公募をきっかけに向いてる仕事を見つけよう

    新たな発見があれば、今回応募した社内公募よりももっと向いている社内公募が出る可能性もありますし、スキルを身につければそのまま転職で成功することも。

    社内公募に応募する勇気や行動力があれば、あなたを探している優良企業は絶対にあるはず。

    マイナビエージェントのような、総合転職エージェントで相談してみると希望していた社内公募の内容で外部にもっと優良な求人が見つかったりするもの。

    会社に固着しすぎず、自分にあった仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

    ステーショナリー
    転職成功の秘訣は大手マイナビエージェント活用!豊富なノウハウで正しい転職を!転職活動をするなら、絶対活用して欲しいのがマイナビエージェント。 転職サイトで公開求人を見てもなかなか条件に合う求人が見つからない...

    どんな採用結果にせよ、社内公募によって成長でき気付きを得られるのは確か。

    コツコツと試行錯誤して進んでいけば、必ずチャンスは巡ってきます。