働き方

    アパレルは土日休みが取れない?カレンダー通りの休日を取る方法

    アパレル業界に販売員として長く身を置いていると平日休みが当たり前…

    土日休みより美容院の予約も取りやすい、病院も行きやすい、混雑が避けられるというメリットが多数ありますが、

    アパレル販売員だった友達がどんどん土日休みの仕事に転職して行き、休みが合わなくなってくる…

    サラリーマンの友人とも休みが合わない。そんなデメリットもあります。

    販売員をしていると、土日休みはできないのでしょうか?

    家庭の事情やどうしても土日に休みを取りたい明確な理由がある人も多いかと思います。

    結論は、アパレル業界でも土日休みは可能ですよ!

    実際に現役アパレル店長として販売員をしている私も、繁忙期・販促が重ならなければ土日休みとっています。

    反感を買わない土日の休み方、土日休み可能な職種を紹介します◎

    なぜ、土日休みが取りたいのか

    アパレル業界で土日休みが取りにくい理由

    アパレル土日休み取りたい

    なぜアパレル業界で土日休みが取りにくいかは、単純に平日よりも土日の方がお客様が多く忙しいから。

    平日仕事の会社員を中心にファミリーも多く土日は高い予算が設定されています。

    平日に売れる商品を精査して、土日の入客が多い日に一気に売り上げを取って行くため、人員が必要となります。

    土日休みの方達がドッとショッピングに店舗に訪れるので、販売員は土日休みが取りにくくて当然といえば当然…

    販売員が土日休みを取りたくなる時

    アパレル業界で販売員をしていると、どうしても土日休みが取りにくい環境。

    せっかく就職しても、平日休みだから友達と予定が合わず、せっかくの休日も一人で過ごす…なんてことも多いのではないでしょうか。

    また、イベントやライブなども土日に開催されて行きたくても仕事でいけない。そんな時は土日休みがいい!と思ってしまいますよね。

    とはいえ、販売員でも冠婚葬祭は休みが取得できますし、シフト作成時に休み希望を提出して土日休みの取得ができます。

    アパレルは絶対に土日休めないという訳ではありません。

    ももな
    ももな
    希望休みの取りすぎは注意を!

    土日休みが可能なアパレルの職種

    アパレル本社勤務

    アパレル業界で土日休みの仕事をしたい場合は、やはり本社勤務に就職が確実。

    専門職以外にも、事務職や経理・総務など本社勤務の仕事内容も多岐に渡ります。

    主な土日休みの職種

    マーチャンダイザー・バイヤー・商品企画・ディストリビューター・プレス販促・マーケター・総務・EC・事務・人事 など

    アパレル業界未経験でも、本社勤務なら土日休みの仕事ができるのでおすすめ。

    ただし、バイヤーは出張があったり、プレスは土日にイベントを行ったりと、完全に土日休みが取れるとは限りません。

    セールや販促などで、販売職の繁忙期は土日にヘルプとして出勤する場合もありえます。

    ピンクの背景とキーボード
    アパレル業界で本社勤務がしたい。経験者こそ異動より転職する方が近道転職でアパレル販売職を希望する方、面接をしているとこんなことを言われます。 ほ〜。若い志望者さん、プレスだのMDだのバイヤ...

    販売員なら派遣社員・アルバイトとして働く

    派遣社員は派遣会社との契約なので、派遣会社から土日休みの条件を提示することにより、土日休みとして就業が可能。

    直接雇用の正社員ではなかなか土日休みは実現しないので、土日休みたいのなら派遣社員からアパレル業界の仕事を探すのが◎

    平日のみでもOKな派遣先の相談に乗ってくれます。

    また、直接雇用のフルタイムアルバイトも、正社員に比べ土日休みの融通が効きやすいです。



    正社員の販売員だけど土日休み取りたい

    正社員だと、やっぱり土日休みは取りにくいもの…

    実は、ショップによっては大学生などアルバイトが土日にシフトインしてもらえる場合もあり、正社員が逆に土日どちらか休みになりやすいシフトも多くあります。

    正社員の販売職で土日休みを取りたいと希望するのなら、こうしたショップを選ぶのが◎

    傾向としては、個人のお店や小規模の店舗よりも、ファストファッションや大型店のように勤務するスタッフ数が多い方が土日休みに希望が出しやすいです。

    毎回の土日休みは無理にしても、冠婚葬祭・絶対外せない休みは希望休取れます。

    他のスタッフと十分コミュニケーションを取って、希望休の協力をし合えるような環境づくりも大事ですよ!

    正社員なら、休み方の提案も出しやすいので積極的に動いてみてはどうでしょうか。

    アパレル業界・販売員でも土日休みを取るコツ

    土日休みのシフト希望は言いづらい?

    アパレル土日休みが取りたい

    中にはブラック企業もあったりしますが、アパレル業界は流行や時代の流れや変化に適応する業界。

    私も採用担当をしているのでが、言いづらい条件ほど面接の段階で話してほしいな、と思っています。

    後々トラブルになるよりも、初めに土日休みの希望を言ってしまいましょう。

    ももな
    ももな
    毎週土日両方は厳しい場合も。月○日、隔週等条件を和らげると通りやすい!

    なぜ土日休みが必要なのか理由を明確に話すのと、土日が繁忙期ということを十分理解している旨も伝えるのがコツ!

    土日休みのアパレル勤務・正しい選び方

    とはいえ、いきなり土日休みを取りたい!という条件は提示しにくいもの。

    販売員は、土日が一番忙しく人員が必要な業界ですから。

    けれど将来のことも考えると、土日に休めた方が好都合なことも多いですよね。

    こうした言いにくい条件提示を代行してくれるのが転職エージェント。

    転職エージェントでは、転職希望者が企業側に直接言うのではなく、コンサルタントに要望を伝えて、条件交渉を代行してもらえるのが強み。

    条件に「土日休み」の要望を伝えれば、要望にあった転職先を提案してもらえます!

    企業側に言いづらい要望も、コンサルタントにならこっそり言えるのも、転職エージェントの活用は大きなメリットですよね。

    そして、趣味や遊びなど仕事以外にやりたいことを応援してくれる企業が多いのがアパレル業界のいいところ。

    ファッション
    アパレル業界転職に評判◎登録おすすめエージェント厳選8社比較アパレル業界へ転職を目指す方、 という悩みはありませんか。 転職エージェントには、業界特化・転職総合エージェントなど...

    アパレルでも土日休みは取れる

    転職先の情報収集が不十分で「ブラック企業だった」なんてことにならないか不安もあるかと思います。

    せっかく土日休みの多い本社勤務が実現しても残業まみれだったり、結局土日に休日出勤をしなくてはいけなかったり、、、

    いくらやりがいがあってアパレル本社に転職しても希望の就業スタイルでない場合では本末転倒。

    個人では調べきれないことが多い分、やはりしっかり転職エージェントで相談を。

    職場の雰囲気も重要!

    職場によっては土日休み完全NGなんてところもあるのでしっかり条件を伝えて希望に近づける就業を目指しましょう。

    転職エージェントでは、希望に沿った転職先を紹介してくれるので安心して転職活動ができます。

    アパレル・ファッション系の転職エージェントは、経験者・未経験者で活用すべきエージェントに違いがあるので注意。

    アパレル業界でも意外と土日休みの取得は可能です。

    土日休み取得例
    • 冠婚葬祭
    • シフト作成時、休み希望を出す
    • 派遣社員・アルバイトで勤務
    • 本社勤務

    もちろん、全ての土日を休みにしてもらうのは難しいかもしれません。

    休み希望を出す際も、他のスタッフと被らないように工夫したり、何日も休み希望を出すと反感を買いやすいので注意を。

    けれど、完全に土日休みが取れないということはないので安心してくださいね。

    よっぽどの繁忙期や販促がなければ割とみんな土日休みを取得しています。

    仕事もプライベートのおやすみも充実した毎日を送りましょう◎