面接・採用

    良い面接進行の仕方で採用辞退を防ぐ!志望者に一緒に働きたいと思わせるコツ

    肩を組む人たち

    新年度や人事体制が変わり新しいスタッフを採用したい!となった時。

    通常、新規スタッフ候補者を面接して採用を進めていくのですが、面接官となると

    面接官
    面接官
    あれ?面接の仕方がわからない…

    採用担当となって初めて面接をする側となると、何を聞いたらいいか、どのように進めたらいいか迷いますよね。

    応募者さまに失礼のないよう、面接の仕方のポイントを抑えましょう◎

    不誠実な対応では、採用辞退を招くことも…

    面接の仕方①応募〜連絡

    各媒体から応募

    自社ホームページやバイト情報誌、エージェントサイトからの応募を確認。

    採用管理システム(ATS)の活用をしている企業も多いかと思います。

    ATS(Applicant Tracking System)とは、応募者追跡システムのこと。

    応募から採用までのプロセスを一括管理し、求人〜応募者情報・選考状況を管理できる便利なシステム。エクセル管理より作業効率がよく、求人媒体ごとの効果分析なども可能◎

    採用管理システムを導入していれば、どの媒体からの応募も集約されます。応募があればATSから通知メールが届くので選考スタート!

    応募者へ面接の案内をしよう

    webや書類選考で「面接したい」と思った応募者がいたら早速連絡を!

    応募者は緊張しながら連絡が来るのを待っています。

    メールまたは電話での連絡が主流ですが、丁寧な対応を心がけましょう。

    案内の仕方

    (応募者)様のお電話でしょうか。

    私、(ショップ名)の〇〇と申します。この度は、求人にご応募いただき、ありがとうございます。(応募者)様に面接にお越しいただきたく、お電話いたしました。

    △月○日〜○日でご都合のよろしい日時はございますか??

    面接会場について、〇〇店はご存知でしょうか。(アクセス方法を伝える)

    もしも道に迷われましたら、お気軽にお電話ください。

    当日の服装は私服でお越しいただき、(持参して欲しいもの)をお持ちください。

    何かご不明点はございますか。

    それでは、△月○日○時に〇〇店にてお待ちしております。お気をつけてお越しください。

    失礼いたします。

    電話口で顔が見えないぶん、明るくハキハキと元気に話しましょう!

    暗い雰囲気だと、応募者さんが不信感を抱く恐れもあります。

    • 求人に応募いただいたことのお礼の言葉。
    • 面接日はいくつか候補を。
    • 面接日が決まったら、面接会場のアクセス方法を
    • 服装・持ち物の連絡
    • 不明点がないか確認
    • 再度、面接日と会場を伝え、電話を切る。

    メールでの連絡の仕方も、電話同様のステップを記述しお送りしましょう。

    応募者も就業先を「選ぶ立場」であり同等なので上から目線な電話の仕方はNG!!

    面接の仕方②当日

    応募者様の迎え方

    アパレル面接の仕方

    面接を受ける応募者は緊張しています。面接会場にいらしたら、面接官が笑顔で迎えて緊張をほぐしてあげましょう。

    面接官
    面接官
    面接にお越しいただき、ありがとうございます^^こちらへどうぞ

    この時に、応募者さんに対して高圧的な態度をとったりしないよう注意。(圧迫面接)

    いい雰囲気!ここで働きたいなぁ〜

    第一印象で、「この人と働きたい・このショップで働きたい」と思ってもらえる対応の仕方を意識!面接で、選ばれる立場は企業側も同じです。

    面接官の自己紹介をしよう

    面接官
    面接官
    本日は面接にお越しいただきありがとうございます。採用担当の〇〇と申します。よろしくお願い致します。

    いきなり、面接をスタートするのではなく、まず自分(面接官自身)の自己紹介をしましょう。

    なんども言うように、応募者は緊張しています!誰だかよくわからないけどきっと偉い人何だろうな…といった不安を払拭するためでもあります。

    そもそも、初対面ではあいさつをして名乗るのがマナー。

    企業の信用にも関わるので、面接官側も緊張していても自己紹介は忘れずに◎

    また、面接前に履歴書や希望の雇用形態など確認を行なって、大体の希望を把握しておきましょう。(ここで疑問点があれば面接で確認を !)

    面接の仕方③応募者に質問すること

    何を質問するべきか?

    自己紹介・挨拶が済んだらいざ面接スタート!!

    一通り応募者さんの履歴書に目を通してみて…

    面接官
    面接官
    (何を聞けばいいんだっけ…)

    志望動機と、応募職種の確認と、あとは、、、面接当日までに聞いておきたいことはあったのにいざ面接が始まると何を質問するべきか飛んでしまうことも。

    そうならないように事前に必ず質問する内容を記したシートを作りましょう!

    面接の質問内容

    志望動機|雇用形態|希望勤務地|最寄駅|今までの職種|希望シフト|勤務開始日

    志望動機を確認すれば、そこから派生して「好きなショップ」「どんな目標があるか」等掘り下げて聞いていけます。

    一つ一つを区切りながら質問すると、まるで尋問のようなので会話のキャッチボールを意識し、面接の仕方を工夫しましょう。

    会話を弾ませて応募者にリラックスしてもらえるように意識。

    面接官側から積極的にコミュニケーションをとり、リラックスしてもらえる環境づくりを◎

    二人の笑顔の女の子
    アパレル・アルバイト受かる面接対策|面接官が思う欲しい人材とは?アパレルでは、アルバイトの面接が一年を通して、幅広い年代の方が面接に来られます。 こんにちは!アパレル店長であり、採用担当をしてい...

    質問してはいけないこと

    面接での質問で、選考に不要である個人的な質問は避けましょう。

    質問NG

    家族の状況ついて|住宅環境|家庭環境|信条・宗教|政治(支持政党)|思想・人生観

    家庭環境や住宅環境は、本人に責任はなく面接の選考においても関係のない事柄です。

    聞かれたことで不快に感じる質問・本来自由であるべき質問はNG。結婚予定・(学生なら)卒業後の進路も、必要ない場合避けましょう。

    特に家族の話は気をつけないとつい質問してしまいがちなので注意!ただ、シフト希望によってお子さんの状況(保育園等)を把握しておきたい場合も。選考の目安となる確認のみ行おう。

    先入観のないよう、客観的な視点をもつ質問の仕方が大事。

    面接の仕方④給与・待遇について説明

    採用後トラブルにならないように細心の注意を!

    給与や就業後の待遇は入念に説明を。

    面接では、応募者側も疑問をクリアにするのも目的の一つなので、お伝えの仕方は細かく丁寧に。

    昇給や契約期間・交通費など求人案内ではわからない情報を十分理解してもらい、応募者が安心できるように、

    面接官
    面接官
    何か質問はございますか?

    の一言で確認を取りましょう。

    面接終了・選考結果の案内

    質問がなければ、面接終了。

    最後に、選考結果の通知の仕方をお知らせ。

    面接官
    面接官
    採用の場合のみ、○日以内にお電話にて連絡いたします。

    選考結果は、だいたい1週間くらいの期間を設けるのが◎不採用の方には連絡しない場合、期間が長すぎるとそれだけお待たせさせてしまいます。

    不採用者にも誠実な対応を心がけましょう。

    そして、採用の場合は早急に連絡をしましょう。

    応募者さんは面接後不安を抱えながら待っています。

    しかも、採用・不採用によって就職活動のスケジュールも調整していかなければならないので、早めの連絡がオススメです。

    待たせすぎてしまうと、採用辞退となり他の企業に行ってしまう恐れも!

    面接の仕方⑤選考結果の通知

    アパレル面接進行の仕方

    他に応募者がいない場合は期限ギリギリになるのではなく、翌日には採用連絡できるくらい早めのレスポンスが望ましいです。

    通知の仕方(電話)

    (応募者)様のお電話でしょうか。

    私、(ショップ名)の〇〇と申します。先日は面接にお越しいただき、ありがとうございました。ただいまお電話よろしいでしょうか。

    選考の結果、(応募者)様に是非〇〇店で勤務していただきたいのですが、いかがでしょうか。

    ありがとうございます。

    初出勤日について、○月○日○時〜○時でいかがでしょうか。

    (持ち物を連絡)

    以上の書類を当日お持ちください。何か質問はございますか?

    それでは、○月○日○時に店舗にてお待ちしております。

    よろしくお願いします^^

    採用連絡も丁寧に行うことで、採用辞退を防ぐことができます。

    応募者は、求人をみて「ここで働きたい!」と思ったから応募してくれました。

    電話・面接・採用フローで「本当にこの会社で働いて大丈夫かな」の不安を払拭してあげるのが面接の役割の一つでもあります。

    面接する側もされる側も平等であること、企業側も選考される立場であることを忘れない!

    電話の仕方・連絡の仕方一つで面接辞退・採用辞退を招いてしまうこともあります。

    せっかく採用して、入社準備も行なって時間をかけてきたのに、当日来てくれなかったら悲しいですしね!

    素敵なご縁に恵まれますように◎