転職

潜在能力が引き出される!環境を変えてみよう

アパレル販売を始めてみて、向き不向きを感じていますか?

こんなはずじゃなかったとか、続けてみたけど向いてなかった。

楽しいけど、他に不満がある。

本来活躍できる潜在能力を持っていても、環境が合っていないせいで才能が埋もれてしまっているかも!?

こんにちは!アパレル店長をしているももな(@mm_nan_)です◎

環境が変わるだけでパッと花が咲くケースってたくさんありますよ!

アパレルだけじゃなく、スポーツ界では特に顕著ですね。

私の大好きな中日ドラゴンズの亀澤恭平選手を例に!

今いる職場で活躍できてる?能力が埋もれているかも

中日ドラゴンズ・亀澤恭平選手の話

亀澤恭平

中日ドラゴンズの亀澤恭平選手、ご存知でしょうか。

彼はもともと福岡ソフトバンクホークスの育成選手でした。

育成選手は、球団に支配下登録されていない選手で、一軍の試合には出られません。

亀澤選手は50m5秒8の俊足、内野安打量産のゴロ打法(中日入団後はフォーム改善)、バントも上手くヘッドスライディングで果敢に攻めるプレー!!

これだけのマルチな才能があっても、ソフトバンクの内野手は松田選手や本多選手や今宮選手、、、野球に詳しくなくてもスポーツニュースでよく耳にする選手が控えています。

そこに割り込むには高い壁。。。

そのため、亀澤選手はソフトバンクで3年間支配下登録されることなく自由契約となりました。

そこに目をつけていたのが中日の落合GM。

自由契約になる年の3年目、亀澤選手は秋季キャンプから中日に合流し、その後獲得。

そして中日に入団後すぐにブレイク。

落合GMに発掘されていなければ、もしかしたら支配下登録されることなく引退していたかもしれません、、、

せっかくの伸びしろ、環境が邪魔していない?

網にかけられた鍵

 

転職者
転職者
ショップ店員ってこんなに暇なの、、、?お客さん来なくて今日も暇疲れだ

今の環境があなたの得意な接客スタイルに合っていない可能性も。

こじんまりとした路面店で数えられる程度の接客しかしない店舗にいるけど、本来、短時間でポンポン回して売っていくスタイルが得意なのかも!?

自分の本来の能力を発揮できず、誰かに能力を見つけてもらうこともなく「向いてなかった」で辞めてしまってはもったいない。

ちょっと環境を変えるだけで潜在能力がみるみる浮き彫りになるかも!?

得意ジャンルはアパレルじゃない可能性

転職者
転職者
フィッティングでの接客苦手だな〜。アクセの接客なら得意だし楽しいのに。

経験が長くなるとアイテムによって得意不得意が生まれますよね。服は苦手だけどアクセは得意、、、ならアクセサリーショップなら無双できちゃうんじゃ!?

今伸び悩んでいて、得意ジャンルに可能性を感じるならその直感は当たってることが大半。

販売のジャンルを変えるだけで道が開けるかも!!

iDA(アイ・ディ・アクセス)はファッション業界に特化した転職エージェントサイト。

美容部員・ラグジュアリー・アパレル・雑貨・アクセサリー販売など、ジャンル多数

短期・単発・長期など働き方が選べます。

好きなブランドで働きながら、しっかり稼ぎたい方にピッタリです☆

ファッション・コスメ求人ブランド数No.1

iDA詳細ページ

全国47都道府県のお仕事を網羅!

今の店舗が合っていないだけなのに、販売が向いていないと決めつけてしまうのはもったいない!

同業他社へ転職後、ここだけは気をつけて

前の会社と比較しない

赤と青のドーナツ

いくら同業他社の転職とはいえ、異なる環境での仕事は今までとやり方が違うところも多々出てきます。

前の会社では大丈夫だったことが、転職先ではNGだった。なんてことも。

せっかくスキルアップを狙って環境を変えてみても慎重に転職活動を行わないと後悔するというリスクもあります。

転職者
転職者
前の会社はこのやり方でよかったのに〜。こっちじゃなんでダメなの〜!?
転職者
転職者
あの会社にいた時の上司、売上売上ってうるさかったんだよねー

と、前いた会社の愚痴や、今の会社と比較するのはNG。

それぞれいいところもあれば、悪いところもどうしても見えてくる。けれど会社の方針や理念はそれぞれ異なります。

ももな
ももな
なんのために転職をしたの??

 

新しい一歩を踏み出そう

  • 仕事内容は好き。でも人間関係で悩んでいる。
  • 他のジャンルの販売もしてみたい。
  • 評価が見合っていない。

転職を考える理由は様々かと思いますが、環境が悪いと感じるならその環境を変えてしまえば解決!

アパレル業界は、一社で出世していくよりもキャリアアップのために同業他社で転職をするケースって珍しくない。

むしろ横の繋がりも強い業界なので自然なこと。

ショップ同士で顔を合わせる機会やブランドの垣根を超えた交流も多く、業界全体で盛り上げようとしています。

だから、後ろめたく思うこともありません

他社でも同じ業界で同僚や後輩が活躍していたら嬉しいですよ。

全国47都道府県ファッション・コスメ求人ブランド数No.1

iDA詳細ページ

まずは3分で完了!WEB登録を

 

アパレルは販売だけじゃない!本社・オフィス勤務希望ならこちら!

あわせて読みたい
ピンクの背景とキーボード
アパレル業界で「本社勤務」がしたいなら、販売員を始めない方がいい転職で販売職を希望する方、面接をしているとこんなことを言われます。 ほ〜。若い志望者さん、プレスだのMDだのバイヤーだの花...