スキルアップ

アパレルで下っ端社員だったわたしが店長になれた理由と、最短出世方法

アパレルショップで現役店長をしているももな(@mm_nan_)です。

店長と言っても威厳もないしプレイヤーでいたい派。飽き性で人見知りもする。

そんな私がアパレル業界で店長にまでなれた話を。

下っ端社員のわたしが店長になれた理由

 夢にも思わなかった「店長」という役職

私がアパレル店長になるまでのきっかけはある日突然1本の電話。

マネージャー
マネージャー
お前、東京に異動してみる気はないか?

いきなり「東京」と言われてもピンとこず、

え、地元である名古屋を離れるのはいやだし、東京に行きたい人なんていっぱいいるんだからその中の人に行かせてあげればいいじゃん。

と、突然の話で訳が分からずネガティブな思考しかできなくなっていました。

マネージャー
マネージャー
都内で新しくレディースショップがオープンするんだけど、そこで店長をやってみないか?
ももな
ももな
い、いきなり店長ですか!?

店長職の知識もノウハウもないし、そもそもリーダータイプじゃないし

できるわけないっっ!!

マネージャー
マネージャー
もちろん、既存店に副店長として配属し半年後にオープンだからそこで店長できるように叩き込ませるから大丈夫^^

いやいやいや!!!あと半年で!?!?!?待って、半年後に店長でいつ東京行くの???

マネージャー
マネージャー
一ヶ月後行ってね。〇〇店(田舎者でも知ってる東京のおしゃれな地名)

才能がない自分がなんで店長に選ばれた?

わたしは下っ端社員で秀でた才能もなく、個人売りもぼちぼちといったところ。顧客様が多いわけでもなければ、出世欲もなく上司に媚もしない。

そもそも名古屋にいて出世なんてできないから未知、とまで思っていました。

辞令〜いざ上京までなんでわたしが店長なんだろうという疑問が。もっと優秀な先輩たくさんいるのに。

その理由は、店長となって1年以上経ってから聴かせてもらえました。

当たり前の努力は誰にでもできることではない

年に一度、都内の某高級ホテルで全店長・マネージャー・幹部が集まるパーティがあり、そこでわたしに東京行きを告げたマネージャーに再会。

乾杯にいき、ずっと抱えていた疑問の答えを話してくれました。

マネージャー
マネージャー
お前根性あるし、自分の考えをしっかりと持っているから。任せられると思ったんだよ

こ、根性??

正直わたしは販売の仕事が好きだから、これだけは、と心がけていたことを実践していただけ。



アパレル店長|出世に繋がった仕事のルール

まずは数字であらわせる目標の結果を出す

出世欲があまりなかったので、日々淡々と目の前の仕事をこなしていただけです。

ただ、数値化できる目標を立てて、結果を出してから当時の店長には自分の意見を言うようにしていました。

例えば、予算達成したり個人売りで上位を目指したり明確な数字で表せられる目標を達成することで、肌感覚ではない努力が認められます。

明確な結果を出しているスタッフの言うことは説得力がありますからね。

人間関係は円滑にし、揚げ足取りはしない

自分が上に立てるように他人の揚げ足取りをすることは絶対にしない!!

ライバルでもありますが、仲間。

自分が得た知識は独り占めせず、周りにも共有して行きましょう。

そもそも協調性や助け合いの精神がない人に店長やリーダーはつとまらないので、どんなに揚げ足取りをされても、自分は絶対にしない!と決めていました。

それやったら、その他大勢の人たちとやってること一緒になっちゃいますからね。

ライバルは他人ではなく自分。

プライベートも充実させて仕事人間にならない

店長って、仕事第一!!って人多そうですけど全くそんなことないんですよね…

仕事後は気の合う仲間と飲みに行き、休日は趣味に没頭し、プライベートも充実させる。

仕事仕事となっているの視野が狭い。

休日も仕事のことばかり考えるようになってしまっては感性が磨かれず偏った考え方になってしまいます。

仕事とプライベートのオンオフを切り替えると、プライベートで得た知識を仕事に応用もできますし、結果プラスに。

・上司に媚びない。反対意見だってする。

・売り上げも大事だけど、楽しむことを忘れない

・揚げ足取りはしない。誰も気持ちよくないから

・プライベートも楽しむ!!

・自分に負けない

どれも特別なことはなく、当たり前のことすぎて書くまでもないけど、

自分にとっての当たり前は誰かにとってできないことで、誰かの当たり前は、自分にできない。

自分が正しいと思ったことをコツコツ続けただけで、下っ端でも店長になり、大きな成果に繋げられました。

出世が難しいアパレル業界。そこで戦うには

努力の仕方が間違っていないか?

一つの企業で店長となり、出世をしてくのももちろんいいと思います。しかし、アパレル業界は出世しにくいのが現状。

私が思うのは、努力の仕方や方向性が正しいか? を振り返って欲しい。

今の店長に気に入られようと媚を売ったりチーム戦も自分の手柄にしたり。

揚げ足取りはその場では評価されても長期では決して評価されません。

ズルいことをすればするほど社内で反感を買い居場所がなくなるだけ。

とはいえ、黙々と日々の業務をこなしつつ、出世欲をいくらアピールしても思うように進まないのが現状。

たとえ社内で昇進したとしてもアパレル業界って大幅に報酬がアップしたりしないですよね。

アパレルの経験・努力を活かしたキャリアアップ

どんなに努力をしてもタイミングや運もあります。

継続も大事ですがどんなに努力をしていても評価が伴わないことも少なくない。

何年もアパレル業界に身を置いていて思うのは、「この人が評価されないなんて勿体無い!」と感じることが多くありました。

結構年功序列なとこがあったり。上が詰まってて出世できなかったり。

でも、「勿体無い!」と感じるような人ってどうすれば自分が現状から抜け出せるか試行錯誤するので結果出世してくんです。

社内でつかえてるから、社外で。転職でみんなキャリアアップしていきました。

アパレル業界で最短キャリアアップする方法

>>クリーデンスというアパレル業界に特化した転職支援サイト、ご存知ですか?

転職サイトってかなりたくさんありますが、アパレルでキャリアアップしたいとお考えならやはり特化サイトで相談するのが一番ですよね。

しかも、クリーデンスではアパレル経験者に強いサイト。

クリーデンス

▼アパレル求人、キャリアアップの強いクリーデンス
求人をみる

せっかくのアパレル販売員経験、活かさない手はないです。

販売員として毎日を消耗するよりも、店長・SVと管理職も経験していくと、他業態の人脈ができたり生活にも変化が生まれます!

また、クリーデンスはMD・DB・バイヤー・プレス・デザイナーなどの専門職の求人も多数。そのためライフステージの変化に合わせた転職も可能。

評価されるべき人材が、年功序列や社内事情で埋もれているのはほんと勿体無い。

店長など役職がつくと給料も変わるので今すぐ動いてほしいです。

販売以外の仕事をするのに不安や、管理職に就くことの不安、はじめは誰だってありますよね。

わたしも知らない土地でいきなり店長をするのは不安だらけでした。現に妬みの対象になりましたし。

でも今はその努力の日々があったから毎日がとっても充実しています。少しの勇気で消耗する毎日から脱却できたから。

クリーデンス

▼アパレル求人、キャリアアップの強いクリーデンス
求人をみる

いつまでも一つのお店に執着するよりも、転職するだけで環境が変われるので気持ちも楽になれますね◎

【30代】アラサー販売員の転職問題・会社にしがみつかずジョブチェンジを目指そうアパレル販売員を続けて、20代後半から30代のアラサー世代を迎えると考え方に変化が生まれます。 そう思うことはありませんか...