スキルアップ

下っ端社員のわたしが店長になれた理由と、最短出世方法

こんにちは、ももなです◎

アパレルショップで店長をしています。

店長と言っても威厳もないしプレイヤーでいたい派。

飽き性で人見知りもする。

そんな私がアパレル業界で店長にまでなれた話を。

 きっかけは、東京への異動

 やめようかな、と思っていた。

ある日、突然1本の電話。

マネージャー
マネージャー
お前、東京に異動してみる気はないか?

と、ブランドマネージャーから。

わたし
わたし
え・・・?私がですか?

その頃、わたしは名古屋のショップで働いていました。

本社もプレスも東京。名古屋の店長はわたしよりかなり長いし、他にも先輩が数人いる。

わたしは名古屋が好きだし販売が好きだし、このままずっと一販売員として働くんだろうな。

でも、いつまでも平販売員でいいのかな。と思っていました。

そろそろ辞めて、旅行たくさんしたりやりたいことやろう

そう考えていた矢先のこと。

 そもそも「東京でなにするの?」

いきなり「東京」と言われてもピンとこず、いやだ。名古屋には家族も友達も彼もいる。

離れるのはいやだし、東京に行きたい人なんていっぱいいるんだからその中の人に行かせてあげればいいじゃん。

「わたし、なんかやらかしたかな?」

もうネガティブな思考しかできなくなってた。

東京なんてたくさん人いるんだしなんで?ということで聞いてみた、

わたし
わたし
なんで東京に行くんですか?

ストレートに。というか、わからないことだらけでこれしか質問ができなかったんです。

 半年後に店長になるらしい

マネージャー
マネージャー
都内で新しくレディースオンリーショップがオープンする。そこで店長をやってみないか?
わたし
わたし
え・・・?いきなり店長ですか!?

なんの知識もノウハウもないし、そもそもリーダータイプじゃないし

できるわけないっっ!!

マネージャー
マネージャー
もちろん、既存店に副店長として配属し半年後にオープンだからそこで店長できるように叩き込ませるから大丈夫

いやいやいや!!!あと半年で!?!?!?

待って、半年後に店長でいつ東京行くの???

今から家決めて引っ越すんだよね??まずどの店舗に配属??

マネージャー
マネージャー
一ヶ月後。〇〇店(田舎者でも知ってる東京のおしゃれな地名)

 右も左もわからない、怒涛の半年。

 先輩から妬まれる。

電話一本で東京行きが決まり家探しの出張に行き、一日で家を決めました。最初の配属店・わたしが店長になるらしい土地両方電車一本で行ける街に。配属される店舗に挨拶にもいき、直属の上司となる店長にも対面。気さくで優しそうな方でひとまず安心。。。

名古屋に帰り、社内で辞令が流れたところで名古屋の先輩・後輩にも改めて挨拶。

突然の辞令にも「おめでとう〜!!」という先輩方の声。

心から喜んでくれていない声。辞令出た時の先輩たちの一瞬のあの表情、見逃せてたら気まづさもなく東京へ行けただろう。。。

 異動してきた東京でも妬まれる。

でも、決めたからにはやるしかない。

辞令から一ヶ月後、東京に降り立ったわたしは不安よりもワクワクが強くなっていて珍しくやる気に満ちていました。

既存店の店長の下に付き、店長業務・ノウハウをつきっきりで教えてもらうことに。

店長・社員1人・アルバイト数人・そしてわたし。

店長は半年間優しく指導してくれ、上京したてのわたしを気遣ってもくれ今でも感謝。

問題は既存の社員。そりゃ、そうだよね。

会社から「副店長」の役職は与えられてなかったもののサブとしてずっとやってきたのに、突然よくわからん田舎者がが副店長として来たら、腑に落ちないよね。。。

マウンティング・揚げ足取りばかりしてた社員さんだったなぁ。

どんな店長になりたいかを明確にする。

そんな環境からか、どんな店長になりたいか自然と明確になりました。

売り上げを何よりも一番に考える店長やVMDがかっこいいお店にしたい、顧客数の多いお店にしたい。色々な店長がいると思います。

自分の店長像はどんなものか考えていた時に、

スタッフを第一に考えられる店長になろう。

これに尽きるな。と。

売り上げも大事だし一目置かれるショップにするのも重要だけど何よりもスタッフが楽しく、気持ちよく働ける環境を作りたいと思いました。個人よりもチームで戦うショップを作りたい、と。

そしてほんとに店長になってしまった。怒涛の半年間が終わり、ついにお店がオープン。晴れて店長となりました。

ここからがほんとの始まり。

 下っ端社員のわたしが店長になれた理由

才能がない自分がなんで選ばれた???

わたしは下っ端社員で秀でた才能もなく、個人売りもぼちぼちといったところ。顧客様が多いわけでもなければ、出世欲もなく上司に媚もしない。

そもそも名古屋にいて出世なんてできないから未知。

辞令〜いざ上京までなんでわたしなんだろうという疑問が。もっと優秀な先輩たくさんいるのに。

その理由は、店長となって1年以上経ってから聴かせてもらえた。

上司は見てないようで、見ててくれている

年に一度、都内の某高級ホテルで全店長・マネージャー・幹部が集まるパーティがあり、そこでわたしに東京行きを告げたマネージャーに再会。

乾杯にいき、ずっと抱えていた疑問を。その答えに拍子抜け。

マネージャー
マネージャー
お前根性あるし、自分の考えをしっかりと持っているから。任せられると思ったんだよ

今でもこの言葉は忘れられない。

正直わたしは販売の仕事が好きだから、これだけは、と心がけていたことを実践していただけ。

・上司に媚なかった。反対意見だってする。

・売り上げも大事だけど、楽しむことを忘れなかった

・揚げ足取りはしない。誰も気持ちよくないから

・プライベートも楽しむ!!

・自分に負けない

どれも特別なことはなく、当たり前のことすぎて書くまでもないけど、

自分にとっての当たり前は誰かにとってできないことで、誰かの当たり前は、自分にできない。

きっと自分が正しいと思ったことが間違っていなかっただけだったんだな。

下っ端でも、コツコツ地道に続けることで大きな成果になるんです。

出世が難しいアパレル業界。そこで戦うには

努力の仕方が間違っていないか?

一つの企業で出世をしてくのももちろんいいと思います。しかし、この業界は出世しにくいのが現状。私が思うのは、努力の仕方や方向性が正しいか?ということ。

上司に気に入られようと媚を売ったりチーム戦も自分の手柄にしたり。

揚げ足取りはその場では評価されても長期では決して評価されることはありません。なんならズルいことをすればするほど社内で反感を買い居場所がなくなるだけ。

とはいえ、黙々と日々の業務をこなしつつ、出世欲をいくらアピールしても思うように進まないのが現状。たとえ昇進したとしてもアパレル業界ってそんなに報酬がアップしたりしないですよね。

これまでの努力、活かして欲しい。

どんなに努力をしてもタイミングや運もあります。継続も大事ですがどんなに努力をしていても評価が伴わないことも少なくないです。

何年もアパレル業界に身を置いていて思うのは、「この人が評価されないなんて勿体無い!」と感じることが多くありました。

結構年功序列なとこがあったり。上が詰まってて出世できなかったり。

でも、「勿体無い!」と感じるような人ってどうすれば自分が現状から抜け出せるか試行錯誤するので結果出世してくんです。

社内でつかえてるから、社外で。転職でみんなキャリアアップしていきました。

最短でキャリアアップする方法「ファッショーネ」

ファッショーネというサイト、ご存知ですか?

アパレル業界に特化した転職支援サイトです。転職サイトってかなりたくさんありますが、アパレルでキャリアアップしたいとお考えならやはり特化サイトで相談するのが一番ですよね。

▼アパレル求人、キャリアアップの強い味方を見てみる
ファッショーネ公式サイト

せっかくの販売員経験、活かさない手はないです。販売員として毎日を消耗するよりも、店長・SVと管理職も経験していくと、他業態の人脈ができたり生活にも変化が生まれます!

また、MD・DB・バイヤー・プレス・デザイナーなどの専門職の求人も多数。そのためライフステージの変化に合わせた転職も可能。

評価されるべき人材が、年功序列や社内事情で埋もれているのはほんと勿体無い。今すぐ動いてほしいです。

販売以外の仕事をするのに不安や、管理職に就くことの不安、はじめは誰だってあります。わたしも知らない土地で管理職をするのは不安だらけでした。現に妬みの対象になりましたし。

でも今は毎日がとっても充実しています。あの時東京行きを断らなくてよかった。少しの勇気で消耗する毎日から脱却できたから。