働き方

    閑散期に販売員を始めると、ペースを保って仕事が覚えられる

    こんにちは、アパレル店長をしているももなです◎

    これからアパレルの仕事を始めたい!と思った方。

    今初めてみたいけど、いきなり繁忙期始まったらどうしようとか、閑散期だと暇すぎるかなとか疑問点も生まれるもの。

    繁忙期に始めるということは一気に何もかも詰め込まなくてはいけません。

    成長スピードは上がりますが、一つ一つの仕事を「ざっくり」と覚えることができても疑問が残ったままで、なんども先輩に再確認なんてことも。

    ひとまずざっくり一通り覚えて苦手を消化したいという方に向いていますが、個々に合った働き方というものがあります。

    詰め込みすぎて潰れてしまっては意味がないですよね。

    ゆっくりマイペースに一つ一つ確実にしてからステップアップしたいという方は閑散期にスタートする方が向いています。

    今回は、閑散期からアパレル業界に飛び込んだ方が、効率よく仕事を覚えて売り上げが取れる販売員になるステップを紹介します◎

    2月8月の小売業閑散期に販売職を始めるメリット

    先輩も余裕があり、スタッフ教育に集中してもらえる◎

    まず、アパレル・小売業の閑散期はセールが終わる2月・8月(ニッパチ)。

    セール期間に一通り洋服が揃うことと、次の季節が来るまで服を買わない、などの理由があります。

    そしてセールがひと段落すると先輩スタッフも業務に余裕が生まれ、スタッフ教育に集中してくれやすい!

    新人さん
    新人さん
    えっ、じゃあ繁忙期だとスタッフ教育をおろそかにされちゃうの!?

    いえいえ。そんなことはありません。

    あくまで繁忙期に比べると業務過多が緩和されるのでフィードバックの時間も取りやくその場で問題解決や不安解消がしやすということです。

    控えめな性格?スキルアップに焦りは禁物

    誰だって短期間で集中的に仕事を覚えて早く一人前になりたい気持ち、どこかしらにあるかと思います。早く評価されたい。

    同期に置いてかれないようにしなきゃ、、、等々。

    焦って仕事を詰め込んでパンクするくらいなら、ゆっくりとマイペースに進むことも大事。周りの目は気にしなくていいんです。

    長距離走でスタートダッシュしてすぐ息切れしていては本末転倒。

    ガツガツいくのが苦手、、、接客も初対面の人にうまく声かけられるかな?という不安が大きいのなら一つ一つ確実に段階を踏んで行きましょう。

    人と比べない!ライバルは自分自身。

    時間が作れるので、お客様一人一人丁寧な接客が可能

    繁忙期と閑散期では接客方法にも違いがあります。

    繁忙期(セール時期)は一人につく時間は短く、声かけ・フィッター(フィッテイングで接客)・レジと役割分担をしてマンツーマン接客でないケースも。

    閑散期ならマンツーマンで接客ができ、詳しくお客様の要望に答えることができます。

    そして滞在時間が長いのと、顔と名前も覚えてもらえやすく顧客様につながます。

    基本の接客の流れが掴め、どの段階で手こずりやすいか分析もしやすい。

    閑散期の転職「確実」なお仕事探しが行える

    (経験者談)採用担当者もこの時期の入社は嬉しい

    ここだけの話、採用担当を行なっているわたしは閑散期の入社って大歓迎です。

    上記に述べたように業務に余裕がありスタッフ教育を最優先にすることができるから。

    店長によるかもしれませんが。あっ!お客さまももちろん大事。

    だけどわたしは、働くスタッフに「ここでずっと働きたい」と思ってもらえる環境を作るのが一番だと思っています。

    そして自分で採用したスタッフはこの人が必要だと思ったから採用している。そりゃ厳しいことたくさん言ってもアメとムチ。手塩にかけて育てます。

    思い通り育て上げるためにも閑散期にじっくりスタッフ教育に時間をかけたいというのが本音。

    詰め込みすぎない、ゆとりある転職活動が可能

    アパレルに転職となると、やはり繁忙期は求人が増えます。でもセール真っ只中だと面接に時間が取れなく、落ち着いた時期まで待っていただくということも。

    空白の無駄な時間が生まれないためにも、派遣会社からの就職をおすすめします。

    面接まで期間ができてしまったとしても、アパレル派遣なびだと登録者の事前研修を受けられるので、就業前に不安が解消しておくことができるたりも。

    そもそも、コーディネータが丁寧にカウンセリングしてくれるので自力で求人探すよりも確実ですよね。正直、採用側も馴染みのある派遣会社さんから紹介してもらえると安心なんです。

    一気に詰め込みすぎるとパンクしちゃいそうなら閑散期に。

    先輩スタッフも業務にゆとりがあるので時間をとってもらえる。

    確実にわからないことを理解してから次に進むことができる。

    【本音】始めたい!と思ったら始めるべき

    閑散期だろうが繁忙期だろうが、エネルギーある時が一番

    私の本音としては、決意したその瞬間に始めるのが一番。それがたまたま閑散期にかぶった、じゃあどう動けば!?という方にこの記事が参考になればと思っています。

    そして戦略的に自分の性格に合わせて入社のタイミングを見極めるのも賢いなぁと思います。

    自己分析をして相性のいい転職先を見つけてくださいね◎

    二人の笑顔の女の子
    アパレル・アルバイト受かる面接対策|面接官が思う欲しい人材とは?アパレルでは、アルバイトの面接が一年を通して、幅広い年代の方が面接に来られます。 こんにちは!アパレル店長であり、採用担当をしてい...