ローマのシンボル|一度は行ってみたい!世界遺産コロッセオ入場レポート

2019 2/18
ローマのシンボル|一度は行ってみたい!世界遺産コロッセオ入場レポート

コロッセオですよね! ローマ帝政期に建てられた、50,000人も収容できるという巨大な円形の闘技場。 テルミニ駅から2駅とアクセス抜群で、多くの観光客で溢れます。 1980年に世界遺産に登録されたローマのシンボル・コロッセオを入場レポート◎

目次

コロッセオアクセス・入場方法

地下鉄B線colisseo駅が便利

テルミニ駅からコロッセオへ向かう場合、地下鉄B線|Laurentina方面、Colosseo駅で降り徒歩1分。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]コロッセオ駅を出ると、すぐ目の前にコロッセオが!![/word_balloon] コロッセオの直径は189m、近くから見るとやはりかなり巨大!!

簡単なチケット入手方法

超人気観光スポットであるコロッセオは、当日チケットの購入は長蛇の列。 私は、オフシーズンの2月上旬にローマ観光をしたのですが、ハイシーズンは1〜2時間待ちとも言われるバチカン美術館の当日券は、ほぼ並ばずに購入できました。(10分も並ばなかった) しかし、コロッセオはそうはいかない!!! オフシーズン、しかも開館の8:30に合わせてコロッセオへ向かったのですが、その時点でコロッセオを半周するくらいの列ができていました。 https://mememagazine.net/colosseo-ticket/

コロッセオの入場なら優先入場のローマパス

ローマパスおすすめ 公共交通機関が乗り放題で、最初に1施設もしくは2施設が入場無料となるローマパスをここコロッセオで使用。 ローマパスを持っていれば、優先入場ができるので長いセキュリティチェック列をショートカットでき、当日券購入の列もショートカット。 日本にてオンラインで事前にコロッセオのチケットを購入する手間も省けます。 正直、ローマは徒歩で観光できるスポットが多いため、ローマパスの購入を悩んだのですが… コロッセオでローマパスが力を発揮しました。 https://mememagazine.net/roma-pass/

いざ、コロッセオ内部へ!!

コロッセオ2F部分へ

コロッセオ観光 セキュリティチェックを終え、ローマパスでいざコロッセオに入場! コンコースにはコロッセオの模型が展示されていたり歴史を知ることができます。 まずは階段を登り(なかなか急!)、2Fへ出ました。 もう、 向こう側がかなり遠い!! 観客席もほとんどなくなっていて、アリーナももうありません。 中に入るとコロッセオが楕円形なのがよくわかりますね! 本当、現代の大きめのスポーツスタジアムサイズで、コロッセオの巨大さがより一層思い知らされます。 アリーナでは、水を入れて海戦も行われたことがあるそうです… コロッセオ観光 コロッセオの1F部分(アリーナ)はすでになくなっており、現在見えるのは地下の部分。 地下には猛獣の檻があったり、出場者の控え室がありました。 地下から地上にせり出して出場者が登場パフォーマンスが当時からあったそうです! コロッセオ観光 当時の階段の跡地も残っています。 ぐるっと2Fを一周して、コンコースから階段で下へおりてみます。

コロッセオ1Fの十字架

コロッセオ観光 コンコースの階段から1Fに下りてきました。 写真に写っている人物のサイズと比べると、当時の4F部分までかなり高さがあることがわかります。   コロッセオ観光 コロッセオ1F、当時の皇帝の席には大きな十字架が掲げられています。 この十字架は、残忍な殺し合いや処刑によって亡くなった人々や猛獣たちの鎮魂のために作られました。 現在、イタリアでは死刑が廃止されています。

コロッセオのライトアップにも注目

昼間とは違った表情のコロッセオ

コロッセオ観光 朝一番に入場したコロッセオですが、夜のライトアップされたコロッセオの勇姿もみてみたい!ということで夕方もう一度訪れました。 ローマの中心、テルミニ駅からアクセスが良いので滞在中何度でも訪問しやすいです。 やはり、朝のコロッセオとは趣がまた違いますね! なかなか感動的。

コロッセオの外観を撮影しやすい場所

コロッセオ観光 colosseo駅からすぐ左手へフォリインペリアリ通りをまっすぐ進み、こちらの階段を登ります。 コロッセオ観光 丘の上に登ると、正面からコロッセオを撮影できます。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]夜のコロッセオ、かなり迫力![/word_balloon]

フォロ・ロマーノ|ウェヌスとローマ神殿から

フォロ・ロマーノに入場し、ウェヌスとローマ神殿へ向かいます。 コロッセオを望める丘の上から綺麗な写真が撮影できるスポット! コロッセオ観光 全体が綺麗に映ります! コロッセオ側からフォロロマーノに入場できるので(チケットはコロッセオと共通・2日間有効)、入場したらまずウェヌスとローマ神殿へ。

コロッセオ入場の服装

動きやすい服装がおすすめ

コロッセオ内部には、硬い石の上をゴロゴロと歩くので履き慣れた靴と動きやすい服装がおすすめです。 コロッセオと共にフォロフォマーノの散策をする場合も石畳、芝生の上を歩くので、私はソールしっかりめのVANSを履いて行きました。 [itemlink post_id="1303"] また、水のペットボトルがあると◎ コロッセオ内、フォロ・ロマーノを散策していると結構喉が乾きます。 ドリンクの自動販売機がありましたが、硬貨しか使えず… ローマは歩いて観光地を巡る場面が多いので適度に水分補給をしながら無理のない観光を◎ 慣れない石畳で足が疲れないように気をつけてくださいね。 >>ローマ観光なら!格安航空券比較はskytickat  ]]>

関連記事

コメント

コメントする

目次