知識なしでも楽しめる!初心者がルーブル美術館人気作品を鑑賞してきた

2019 2/16
知識なしでも楽しめる!初心者がルーブル美術館人気作品を鑑賞してきた

短時間でも有名作品が鑑賞できる!見どころ作品を紹介します◎ 美術マニア、なんどもルーブル美術館に訪れている人には、物足りない記事かもしれません。 初心者でもルーブル美術館を楽しみたいという方、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

ルーブル美術館アクセス方法

ルーブル美術館観光 地下鉄:1番線または7番線、Palais-Royal Musée du Louvre 駅で下車。 オンラインで事前にチケットを購入している場合、チケット記載の時間から30分以内に入り口へ。
  • ピラミッド|一番わかりやすいですが、混雑しています。
  • カルーゼル・デュ・ルーブル(ショッピング街)から逆さピラミッド|天候が悪い日も室内なので安心。
  • パッサージュ・リシュシュー(チケットをすでに持っている人)|リヴォリ通りに面した入り口
私は、ちょうど空いていたため、せっかくなのでピラミッドから入場しました。 セキュリティチェックを受けていよいよルーブル美術館館内へ! ルーブル美術館日本語案内マップ インフォメーションに日本語のガイドマップがあるので貰っていきましょう! ちなみに、日本語は黄色ですが、言語によってカラーが異なっていました。 広いルーブル美術館、このマップは重要で、なんどもにらめっこしながら見学しました。 手前は、印刷したルーブル美術館のEチケット。 公式ではA4サイズに印刷必須と書いてありましたが…バーコードが読み込められればOKのようでした。 初心者なので、有名作品がみたい!ということでDENON翼から入場です!

短時間で回る!ルーブル美術館の見どころ

有名作品を見るなら、DENON翼から

ルーブル美術館見どころ ルーブル美術館へ入場したら、1F(日本でいう2F)へ上がります。 モナリザなど有名絵画をまずは観たい!という方はDENON翼からの入場が近いのでおすすめ。 ルーブル美術館見どころ民衆を導く自由の女神 1Fのフランス絵画の通りでまず見つけたのは、「民衆を導く自由の女神(ウジェーヌ・ドラクロワ)」 1830年のフランス革命をテーマに描かれた作品。 有名絵画だけあって、目の前のソファには座ってじっくり鑑賞する人が大勢いました。   そして少し進むと、人だかりが。   ルーブル美術館見どころモナリザ 「モナ・リザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)」 かなり厳重に展示がされています…!! 想像以上に小さい、とよく言われるモナリザですが、小さい。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]モナリザ周辺はスリが多いと言われているので注意を![/word_balloon] ちなみに、超有名作品は道順の看板が出ているので、向かいやすい。   ルーブル美術館見どころサモトラケのニケモナリザを過ぎ、0Fへ向かう踊り場には「サモトラケのニケ」 紀元前190年に製作され、ギリシャのサモトラケ島で発掘されました。 海戦の勝利の女神ニーケーの彫刻。 階段の下から見上げると圧巻でした!! このまま0Fへ下りましょう。

SULLY翼では古代ギリシャ・エジブト美術を堪能

ルーブル美術館見どころ フランスでは、0Fが日本でいう1Fに当たるので、ガイドマップを見るときは注意。 シュリー翼0Fでは、古代オリエント美術・ギリシア美術を楽しめます。 ルーブル美術館見どころミロのヴィーナス シュリー翼の目玉と言える「ミロのヴィーナス」 高さ203cmと大きい。紀元前130年ごろに製作されました。 ルイ18世に献上されたミロのヴィーナス、ルイ18世はその後ルーブル美術館に寄付し、現在まで管理されています。 そのまま古代彫刻作品を鑑賞。 ルーブル美術館見どころタニスの大スフィンクス 古代エジプト美術のエリアでは「タニスの大スフィンクス」がお出迎え。 エジプト国外で一番大きなスフィンクス像がこちらです。 なんと紀元前2600年ごろの作品! タニスの大スフィンクスからミロのヴィーナスへ戻り、そのまままっすぐ古代ローマ美術・ヨーロッパ彫刻を鑑賞していくと…   ルーブル美術館見どころ瀕死の奴隷 「瀕死の奴隷(ミケランジェロ)」 教皇ユリウス2世が自分自身の豪奢な霊廟の為、ミケランジェロによって構想されました。 すぐ隣には「抵抗する奴隷」が展示されています。 こちら…ジョジョファンにはお馴染みではないでしょうか。

岸辺露伴 ルーブルhttps://www.fashion-headline.com/

露伴先生のジョジョ立ちのモデルです。 オールカラーのコミック「岸辺露伴ルーブルへ行く」も注目です。 [itemlink post_id="1276"]

RICHELIEU翼・地下1Fマルリーの庭園へ

ルーブル美術館見どころ リシュシュー翼の地下1F ルーブル美術館見どころマルリーの馬 「マルリーの馬(ギヨーム・クストゥ1世)」 こちら、マルリーの庭園と呼ばれる場所にあり、ルイ14世の離宮・マルリー城の庭園にあった彫刻を中心に展示がされています。 ルーブル美術館見どころマルリー庭園 ガラス屋根になった庭園は自然光が差し、ルーブル美術館の中でも雰囲気がガラッと変わりますね。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]開放感があり、ゆっくり過ごせる◎[/word_balloon]

RICHELIEU翼1Fナポレオン3世の居室

ルーブル美術館見どころ リシュシュー翼1Fの注目は、ナポレオン1世の甥に当たる、ナポレオン3世の居室。 ルーブル美術館で、この居室を見学することができるのです! ルーブル美術館観光見どころ いくつもある豪華な居室群。 午前中にヴェルサイユ宮殿へ観光に出かけていたのでお腹いっぱいでしたが、やはり見入ってしまいますね… このまま大居室へと進んでいきます。 ルーブル美術館見どころ ごごごごご、豪華絢爛!!! 金ピカのシャンデリアが眩しいっっ!!! 奥まで入って見学はできないので、ベルベットのソファには座ることができないのですが、ここまで近くで観られるだけでも満足です。 というのも、ルーブル美術館の閉館時間が近づいてしまい、もう少しでナポレオン3世の居室エリアが先に閉められてしまうところだったんですよ…危ない危ない。

ルーブル美術館|鑑賞注意点

ルーブル美術館逆さピラミッド

手荷物の注意

ルーブル美術館では、スーツケース・大きなバッグの持ち込みが禁止されています。 最大55cm x 35cm x 20cmのサイズを超えない荷物のみ、フロントエリアに持ち込みが可能。 セキュリティチェック後、ロッカールームへ預け入れを。

ルーブル美術館の無料Wi-Fi環境

無料Wi-Fiがピラミッド下と館内に飛んでいます◎ “Louvre_Wifi_Gratuit”に接続すると、1時間無料Wi-Fiが利用可能。

閉館ギリギリの鑑賞は注意

ルーブル美術館は、閉館時間が近づくと少しづつエリアが封鎖されていくので注意を… 私は、モタモタしてたから封鎖され、書記座像を鑑賞できず。 観たい作品ほど優先的に見学するのがおすすめです。 もしも、パリ旅行日程に金曜日が含まれているのなら夜間開館している金曜日がおすすめ! 見どころの多いルーブル美術館。 美術超素人の私でも知っている作品ばかり。 短時間でも有名な主要人気作品は十分鑑賞できるので、パリ旅行の際なぜひ訪れてみてくださいね◎ >>パリ旅行!格安航空券比較はskytickat]]>

関連記事

コメント

コメントする

目次