ローマパスは超便利!購入に迷った私が買ってよかったメリットまとめ

2019 2/11
ローマパスは超便利!購入に迷った私が買ってよかったメリットまとめ
イタリア・ローマ旅行ならぜひ活用したいのがローマパス

美術館や博物館の無料入場・地下鉄・バス乗り放題・入館料の割引サービスなど嬉しい特典がいっぱい。

2日以上のローマ観光には欠かせないパスです。

48時間ローマパスなら、€28.00とかなりおトク。

公共交通機関を多く使う場合はすぐに元が取れます!

[ふきだし col="green"]

ローマは歩いて観光ができるし、ローマパスいらないかなぁ

[/ふきだし]

と思っていたのですが、購入して正解でした。

  • 切符購入の手間を省きたかった(スリ予防にも)
  • 公共交通機関の乗り間違えが不安
  • コロッセオの優先入場目的

今回は、そんなローマパスの購入方法・利用方法をまとめました。

目次

ローマパス料金・特典・メリット

ローマパスおすすめ

ローマパスの料金やメリットを紹介します。

ローマパスの値段

最初の2施設または1施設が無料となるローマパス。2種類のローマパスがあります。

ローマパス・72時間

使用開始から72時間有効

  • €38.50
  • 最初の2施設無料入場可能
  • 3施設目からは割引サービス
  • 地下鉄A線/B線・バス(ATAC社運営)・トラム乗り放題
  • ローマ観光マップ・割引可能な施設リスト付き

ローマパス・48時間

使用開始から48時間有効

  • €28.00
  • 最初の1施設無料入場可能
  • 2施設目からは割引サービス
  • 地下鉄A線/B線・バス(ATAC社運営)・トラム乗り放題
  • ローマ観光マップ付き

SuicaなどのICカードサイズで、旅行用のコンパクトなバッグでも荷物になりません。

今回、ローマ滞在が2日間、ローマパス対象のコロッセオに入場予定だったため購入しました。

コロッセオはやはり人気観光地だけあって開場時間から長蛇の列。ローマパスの優先入場を活用するためです!

ローマパス利用可能な施設

ローマパスおすすめ

利用できる施設も多く、人気のコロッセオも対象!

実際に私は、48時間のローマパスを購入し、コロッセオ入場に使いました。

MAPの裏面に利用可能な施設案内、地下鉄・バスの交通機関の路線図が付いています。

ローマパスおすすめ

観光したい施設がこの一覧ですぐにわかるので間違えがなく便利。

スリ対策・滞在中に交通機関の切符を買わなくていい

ローマパスの最大の魅力は、有効期間中の交通機関が乗り放題というメリット。

ローマの地下鉄は、直線2路線のみなのでわかりやすいのですが、どこも暗くスリに合いやすいと言われています。

[ふきだし col="green"]

実際、昼間でも暗いからちょっと怖いな

[/ふきだし]

と、思うことも。

ローマパスを持っていれば、観光のポイントへ向うたびに財布を出して切符を買わなくていいのでスリ対策にもなります。

うっかり間違えて乗車しても乗り放題なら安心ですしね。

ローマパスの購入・利用方法

ローマパスの購入方法、利用のしかたを紹介します。

現地でローマパス購入

ローマパスおすすめ

ローマ・テルミニ駅24番ホーム隣にチケットオフィスがあります。

そのほか、フィウミチーノ空港・到着Cゲート(8:00〜20:45)、ローマ市内の観光施設(美術館・博物館)でもローマパスの購入が可能。

私は、テルミニ駅のバスステーションにあるチケット売り場で入手しました。

テルミニ駅を背にバスステーションの左側にあるチケットブース。

ローマパスの看板がなかったのですが、ローマパスの取り扱いがあるか尋ねたら販売していました。

[ふきだし col="green"]

無事に現地でローマパスゲット◎

[/ふきだし]

事前に公式サイトからローマパスの購入もできるのですが、結局チケットオフィスまで取りに行かなくてはならないので注意。

また、海外のサイトなので予約までに時間がかかります。

日本のサイトで購入予約

日本のサイトで購入予約するメリットは、

  • 日本語で安心して予約できる
  • 日本円で支払いができる
  • 確実にローマパスを手に入れられる

何が起こるか分からない海外旅行、事前に確実に予約しておきたいですよね。

現地でもローマパスの購入ができますが、なるべくユーロを使いたくない・旅行前に安心してローマパスを予約したい場合は日本でローマパスの購入予約ができます。

Voyaginで予約したバウチャーをローマパス引き換え場所に提示するだけなので安心です。

ローマパスの使い方

ローマパス

地下鉄やバスでローマパスを使う場合、Suica等の交通ICカード同様に改札の端末にかざすだけ。

ローマパスの裏面についているバーコードが反応すれば、改札のゲートが開き入場できます。

ちなみに、ローマの地下鉄では退場する際は切符(ローマパス)をかざさなくてOK。

[ふきだし col="green"]

そのままゲートを通過できる!

[/ふきだし]

美術館等の施設入場の際は、係員にローマパスを提示するとバーコードを読み取ってもらえ、入場ができます。

今回使ったコロッセオでは、交通ICカード方式で係員にローマパスを渡し、端末にタッチしてくれ入場。

ローマパスを持っていると長いコロッセオの入場列に並ばなくてもいいので、それだけでも大きなメリットでした。

ローマパス利用の注意点

ローマ・コロッセオ

コロッセオ入場時の注意点

コロッセオでもローマパスが利用できますが、チケットを持っていない人も事前にチケットを購入している人も、ローマパスで入場する人も同じ列に並びます。

セキュリティチェックを行ってからローマパス・事前購入レーン/これからチケットを買う人のレーンに分かれるため長時間並ぶ場合も。

また、コロッセオでローマパスを使う場合、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘も一緒に入場ができます!

ただし、この3箇所は2日間無料入場が有効。

72時間チケットの場合は2日以内に回る人用があります。

チケットの客引きに注意

ローマパスを購入しようとチケットブースを探していたところ、関係のないチケットをオススメしてくる客引きに何度か声をかけられました。

そういった客引きは目を合わせず無視するのが無難。

ちゃんとローマパスの取り扱いのあるチケットステーションで購入をしましょう!

ローマパスのメリットまとめ

ローマパスの魅力はやはり、

公共交通機関乗り放題
1または2施設無料
人気観光施設に優先入場

実際にローマパスを使用してみて感じたメリットはローマパス一枚でローマの観光地をほとんどを回れる点。

ローマの観光地は歩いて回れる距離に凝縮されていますが、ちょっとした距離でバスや地下鉄を使いたい場合に便利でした。

最初は歩いて回れるということで、ローマパスの購入は悩んだのですが買って正解でした。

ローマ観光の際は、ぜひローマパスを活用してみてくださいね。

]]>

関連記事

コメント

コメントする

目次