アリタリア-イタリア航空|実際に往復乗ったプレミアムエコノミークラスのレポート

2019 2/07
アリタリア-イタリア航空|実際に往復乗ったプレミアムエコノミークラスのレポート

  • 翌日に機内の疲れを持ち越さない
  • 待たずに搭乗できる「優先搭乗」
  • エコノミーより上質なシート環境
  • プレエコってどのくらいの料金で乗れるのか、シート環境・サービスを往復2回搭乗した感想をお伝えします◎
    目次

    アリタリア航空|プレミアムエコノミー搭乗方法

    プレミアムエコノミー料金はいくらくらい?

    今回は、もともとエコノミークラスで手配した航空券をプレミアムエコノミーへアップグレードを行いました。 >>アリタリア航空・プレミアムエコノミーアップグレード方法 オフシーズンということもあり、なんと200ユーロで落札。 旅行会社に予約時に、プレエコだと7万円ほど追加料金がかかると言われていたのでお得にアップグレードできたのではないでしょうか。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]往復でプラス400ユーロ。結構手が届く料金でした[/word_balloon] シーズンによって落札できる金額が異なるはずなので注意を。

    優先搭乗でいざアリタリア航空機内へ!

    チェックイン、機内搭乗共に優先レーンが用意されているのでエコノミークラスに並んでいる行列を避けて搭乗ができます◎ 半端な時間にゲートに向かうと結構行列ができてますよね… またアリタリアのプレミアムエコノミーでは、無料預け入れ手荷物が2個×33kgまで可能。 荷物が多くなりがちな海外旅行、復路でお土産増えても安心です! ビジネスクラスの席を横目にプレミアムエコノミー席に到着〜

    価値はある?アリタリア航空|プレミアムエコノミーレビュー

    プレエコのシート環境

    アリタリア航空プレミアムエコノミー席 プレミアムエコノミー最後尾の席でした。 2-4-2の列並びで隣は不在!!(やった〜) プレエコのシート、人間工学に基づいて設計されているようで、従来のエコノミークラスよりも40%広い足元スペース。 まくら、ブランケット、ヘッドフォンが用意されています。 シートのすぐ下にUSBポートが付いているのでスマホや電子機器の充電もできますよ。 (ちょっと奥にあり、わかりにくかった) アリタリア復路登乗時、ヘッドフォンがなくて戸惑いましたが、すぐにCAさんから配られ安心… アリタリア航空プレミアムエコノミー席 しっかりめヘッドフォン!! プラグが機内のヘッドフォン用コンセントにしか対応できなかったので残念… [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]iPhoneに繋げようと思ってた…[/word_balloon]   アリタリア航空プレミアムエコノミー席 機内消灯後に撮影したので暗いのですが、プレミアムエコノミーのモニター画面です。 アリタリア航空のプレミアムエコノミー席は10.4インチの大きなモニターが搭載。 タッチの反応も良好! ただ、日本語対応のコンテンツが少なかったかな… とりあえず、「アナと雪の女王」の吹き替え版を2回くらい鑑賞← ソリティアやテトリスなどのゲームや音楽コンテンツもあります。 https://mememagazine.net/air-himatubusi/ 読書灯が明るすぎずちょうどよかったので、機内ではスマホで音楽を聴きながら本を読むか寝るかで過ごしました。 アリタリア航空プレミアムエコノミー席 2段階に調節できるフッドレストも! 実際はほとんど使いませんでした。 シート自体が最大120度までリクライニング可能でそのまま足を伸ばしただけで十分楽。 エコノミークラスでは、膝が前のシートにつくくらいの狭さだったのでプレミアムエコノミーにしてよかった…と思えた大きな点です。

    プレエコ・アリタリア機内で配布されたもの

    ウェルカムドリンクと、お水ペットボトル

    着席すると、プレミアムエコノミー搭乗者にウェルカムドリンクが配られました! 普通に水をチョイス… コーラ、ブラッドオレンジジュース、炭酸水等複数から選べました。 アリタリア航空プレミアムエコノミー席 そのあと、ペットボトルの水(330mlサイズ)が配られ… [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]ああああイタリアらしくウェルカムドリンクはブラッドオレンジジュースにすればよかった!![/word_balloon] と後悔する。 しかしこのペットボトルのお水、乾燥した機内では重宝! 軟水だったので癖がなく飲みやすかったのも安心…

    10MG分のWi-Fiログインカード

    アリタリア航空のWi-Fiはたとえプレミアムエコノミーでもビジネスクラス(マニフィカ)でも有料。 ただ、搭乗時に10MBまで使えるPINコードのカードをいただきました! アリタリア航空プレミアムエコノミー席 スクラッチを削るとアクセスコードが書かれています。 結局、実際にほとんど使いませんでしたがWi-Fiが繋げられる!という保険になりました。

    プレミアムエコノミー・アメニティセット

    アリタリア航空プレミアムエコノミー席 アリタリア航空らしいグリーンのポーチに入った、機内で役立つアメニティセットが配布されました。 [box-label title=”アメニティセット内容”]
    • アイマスク
    • ソックス
    • 歯ブラシセット
    • コーム
    • 保湿クリーム・リップ
    • イヤープラグ
    [/box-label] 充実のセットです! このアメニティのソックス、滞在中のホテルの部屋用として活躍しました← 保湿クリームとリップが香りもスッと爽やかで、乾燥する飛行機内で活躍しました! また、ビジネスクラス(マニファカ)だとフェラガモのアメニティセットのよう… [the_ad id=”210″]

    プレミアムエコノミー機内食紹介

    往路(成田→フィウミチーノ)プレエコ機内食

    それではアリタリア航空、プレエコの機内食の紹介です! まずは、離陸後すぐにドリンクとスナックが配られました。 ドリンクのチョイスはもちろん… アリタリア航空プレミアムエコノミー席 念願のブラッドオレンジジュース!! この真っ赤なオレンジジュース、地中海地域で栽培されているArancia Rossaという赤い品種のオレンジ。 甘すぎず酸味があるのでイタリアンとの相性が抜群なんですね! 塩気のあるクラッカーと共にいただきました。 復路便(フィウミチーノ→成田)でも同様に、離陸後に配られました◎ アリタリア航空プレミアムエコノミー席 プレミアムエコノミー席の最初の機内食。 イタリアンと和食から選べ、イタリアンはペンネでした。 が、私は和食をチョイス。イタリアンアンティパスト(前菜)とデザートは共通のよう。 温かい白身魚がめちゃくちゃ美味しい!! きのこの炊き込みご飯も煮物も海外の日本食という感じはなくちゃんとしてます! とても美味しく、デザート、チョコレートでお腹いっぱい◎ 食後には日本茶・コーヒー(アメリカン・エスプレッソ)・紅茶がチョイスでき、イタリアらしくエスプレッソをオーダー。 チョコレートと共に陶器の食器で出していただけ、苦めのエスプレッソとチョコレートの相性が最高で至福… ニヤニヤが止まりませんでした← アリタリア航空プレミアムエコノミー席 こちらはエコノミー席と共通・アリタリア航空の機内朝食。 実は、朝食前におにぎりが配られてました。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]爆睡してたので、シートのサイドにそっと置かれていた[/word_balloon] 朝食はパニーニ・マフィン・カットフルーツ。 あとこのキットカットが抹茶味で不意打ち食らいました← パニーニは熱々!!チーズもトロトロで、紙ナフキンに包んでいただきました。 これまた絶品。ペロッと食べられましたが、マフィンが多かったかな?と思うほどの量。 ここでもドリンクはブラッドオレンジジュースをチョイス笑 [the_ad id=”210″]

    復路(フィウミチーノ→成田)プレエコ機内食

    復路も、ウェルカムドリンク・機内食前のスナックは同じく出されました。 共通しているので割愛。 アリタリア航空往路(成田→フィウミチーノ)プレエコ機内食 復路便も和食をチョイス。 しかし…イタリアからの和食は失敗だったかも… チキンカレーだったのですが、お米がパサパサの海外感ある和食… 醤油が恋しかったので、嬉しさのあまりほうれん草にかけすぎてしまい失敗。 美味しかったのはサーモンとティラミス!   アリタリア往路(成田→フィウミチーノ)プレエコ機内食 こちら、アリタリア航空の復路便の朝の機内食。 チョコクロワッサンがアッツアツ!チョコもとろけて甘めでした。 ここに生ハムとチーズの塩気がいい感じ。カットフルーツとヨーグルトもありなかなかのボリューム。 あまりお腹が空いていなかったのでパンは一つで十分なくらいの量でした。 全て完食〜!ここでも紙カップでしたが食後にエスプレッソをいただきました。 機内食は、往路(NRT→FCO)が当たりだっただけに復路(FCO→NRT)がちょっといまいちだったかな…? [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]でもでも、美味しくいただきました◎[/word_balloon]

    アリタリア航空|プレミアムエコノミー感想

    ということで、プレミアムエコノミークラスは、
    • 優先搭乗
    • 機内環境(シート・モニター)
    が大きなメリットだったかなという感想。 通路も広く一つ一つのシートに空間があり、静かでくつろげるのも大きな特徴。 トイレはエコノミークラスのトイレを利用するのですが、 その際にエコノミーシートエリアに入ると殺伐としていてシート、通路も狭い。 アップグレード入札制度を利用したり、プレミアムエコノミーシートでのツアーを申し込むだけで機内の疲れは軽減されます。 実際、プレミアムエコノミーに搭乗してみて、爆睡でき疲れを持ち越さなかったただけでも翌日以降の旅行が充実できた大きな要因だったかと。 >>HIS海外ツアー検索こちら またイタリアへ旅行する際は、アリタリア航空のプレミアムエコノミーにお世話になろうと思います◎ https://mememagazine.net/roma-itiran/]]>

    関連記事

    コメント

    コメントする

    目次