【iMAC】Magic Keyboardのテンキーは必要か検証してみた

2018 10/18
【iMAC】Magic Keyboardのテンキーは必要か検証してみた

MagicKeyboardはテンキー付きにするべきか!? あらゆるブロガーさんイラストレーターさんの作業環境画像を拝見し、みなさんテンキー付きかどうか検証しながら検討していたのですが… 結果、テンキー付きのMagickKeyboardを購入しました◎ テンキー付きにした理由とともに、今回はApple Magic Keyboard(テンキー付き)をレビューします!

目次

Apple/Magic Keyboardテンキー付きを選んだ理由

画像

Magic Keyboardにテンキーは必要か??

メーカー Apple
商品名 Magic Keyboard(テンキー付き)
価格 ¥13,800 (税別)
同梱物 Magic Keyboard(テンキー付き)/Lightning – USBケーブル
接続・拡張 Bluetooth/Lightningポート/ワイヤレス
カラー シルバー/スペースグレイ
言語 英語(US)
テンキー無しのMagic Keyboardは¥10,800 (税別)とテンキー付きに比べお値段も少しだけ可愛くなります。 今のMacBook Proにもテンキーなんて付いてないし不要かな…とも思いましたが。 今まではテンキー無しに慣れてしまってしたが、テンキー実装するとキーボードにテンキーがないのは結構不便。 実は、会社員として使うiMacにはちゃんとテンキーがあり、普段から数字を打つときはテンキーを使っているんですよね。 やはり数字を連続的に打ち込むときはテンキー付きが非常に便利ですし、効率よく作業をするならテンキー付いてた方がいいかな、と。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]テンキーによる価格の差は3,000円。これならアリ![/word_balloon] [the_ad id=”210″]

Magic Keyboard(テンキー付き)実装

Magic Keyboard・ワイヤレスで使える

画像 13インチのMacBook Proに使用するとちょうどいいサイズ感。実際は、使いやすいようにPCの左サイドに直線上にキーボードを配置してます。 (テンキーがちょうどはみ出る感じ) Bluetoothでワイヤレスで使えるMagic Keyboard。 作業環境がスッキリするので見た目も美しい!! もちろん、Magic KeyboardにはLightningポートが付属されているのでMacBookと繋いで使用することも可能。 Magic Keyboardは一回の充電で1ヶ月以上使えるくらいパフォーマンスが良いのですが、心配性ならコードに繋いで使用してもいいかと。 [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]それでも配線は目立たない!![/word_balloon]

Magic Keyboard・USキーボードの使い心地

画像 USキーボードにする際、JISキーボードとの違いを調べました。 [box-label title=”主な違い”]
  • returnキーが小さい
  • [英数][かな]キーがない
  • スペースキーが大きい
[/box-label] 今のところ気になったのはこの3点ですが、[英数][かな]キーがないのは不便[コマンド+スペース]のショートカットで切り替えができるのですが、⌘英かなという左右のコマンドキーを単体で押した時に英数/かなを切り替えるようにするアプリを導入。 これでJISと同じように使えます◎ [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]ただ、(英数)(かな)キーのみMacBook Proのキーを押してしまう変な癖がついてしまった…[/word_balloon] また、returnキーは、小指を大きく移動させなくてもホームポジションから軽々届く! JIS[む]キーの分だけ近づいたというわけですね。 ただ、近すぎてやはり慣れるまでは一歩奥に指を動かしたくなる… スペースキーの大きさは特に気にならず。 始めは[英かな]の切り替えに戸惑いましたが、3000文字タイピングした頃には慣れていました。

やはりテンキー付きのMagic Keyboardにして正解

テンキー付きな分、幅をとるのですが全く気になりません!とってもコンパクト。 ただ、これにトラックパッドを置くとなると13インチのMacBook Proでは距離を感じるかもしれません。 けど、作業をしていて実感したのが、テンキー付きにして正解だった♪ やはり数字の入力はテンキーが便利で作業効率が上がりますっ!また、矢印のキーも独立しているのでゲームをする際も使いやすいのでは。 さらに、MacBookの計算機ヘビーユーザーのMEME。 しっかりテンキーが電卓の役割を担ってくれています◎ [word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]3,000円の高価な電卓買うよりいいっ![/word_balloon] AppleのMagic Keyboard。クラムシェル化する場合や、PCスタンドユーザーは持っておきたいアイテム。 [box-label title=”テンキー付きおすすめの理由”]
  • 数字入力がラクなので表計算ソフトも使いやすい
  • サクッと使いたい電卓機能にもテンキーが便利
  • テンキーなしMagic Keyboardと3,000円しか価格が変わらない
[/box-label] テンキーがあるぶん場所を取るのでは…という心配のみでしたがさすがApple。 MagicKeyboardは見た目のスタイリッシュだし薄くて存在感もシンプル。(しかも軽い) せっかくApple純正のMagic Keyboardを購入するなら、テンキーあった方が断然便利。 たった3,000円で作業効率に違いが出てきます。 MEMEは全力でテンキー付きをおすすめします◎ [itemlink post_id="314"]]]>

関連記事

コメント

コメントする

目次