アパレルのしごと

アパレル業界・販売職のメリットとデメリットとは!?

ももなです◎

アパレル販売の仕事、どんなイメージですか?

好きな服着て、おしゃれして働ける?

服を買わなきゃいけなくて大変そう??

ただ喋っていればいい?

低賃金??

アパレル職務の実態、気になりますよね??

今日は、アパレルのお仕事の内容、お話しします◎好きな服着て人脈まで広がるよ!

アパレルのお仕事の良いところ

わたしはアパレルっていいとこだらけだな。って思って入社しました。

だって、好きな服着て、髪型も自由で、お客様と服のお話してるんでしょ!?

めちゃくちゃ楽しそう!!

そんな気持ちです。まぁ、間違いではありません。

人に見られる。おしゃれするのが仕事

おしゃれが好き、ファッションが好き、人と話すのが好き。

きっかけはやはりそういった理由が多いです。

大好きなブランドの、大好きな服に囲まれて仕事ができるんですよ!?

好きを仕事にできるって素敵じゃないですか?

感度の高いおしゃれ好きな人脈が広がる

そしてこのブランドが好きなお客様とたくさん接することができて、

人脈も広がります。

普段接しないような職業のお客様と関われ、その人脈によって新しい発見や経験ができます。

また、業界内でもレセプションパーティ、DJイベント、展示会など頻繁に行われているので、感度の高いアパレル関係者と交流ができます◎

働いているスタッフもおしゃれだと自分ももっとおしゃれになろう!と思えます。

自分を磨いてどんどん魅力的になれます!

平日休み・連休も世間とずらせる(土日休みも可)

平日休みのメリットは、どこもすいている。

平日の日中の美容院などすいているのですんなり予約が取れます。

また、レジャーも平日料金は安かったりしますよね。

ディズニーランドで並んだりしません笑

もちろん、平日休みがネックになる方も多いかと思います。

普通のサラリーマンやOLの友達とは休みが合いにくいですし、イベント事も土日が多いですからね。

アパレルは土日は必ず仕事!!と思われがちですが、全然土日休み取れます。

どこもシフト作成時に休み希望は聞いてくれますよ。

わたしのお店は大学生のアルバイトちゃんが土日にシフトインしてくれます。

逆に土日にスタッフ過多で休む、ということが可能。

連休も全然取れるよ!!

アパレルの閑散期は2月と8月(ニッパチと呼ばれる)、ちょうどセールが終わった時期です。会社にもよりますが、この期間に長期連休を取ることができます◎

平日に連休を取れば、安い平日料金で旅行できちゃいます。

LCCじゃなくても安く旅行できるのはわたしにとって大きなメリット。

▼アパレル求人は特化サイトで探す
ファッショーネ公式

アパレル業界のデメリット

もちろん、そんないいところばかりではありません。

よく、服にお金がかかるだの、給料が低いだの言われています。

ちなみに両方真実。

ただ、後者については、始めのうちは・・・という感じ。わたしもアパレルの給料で生活ができるのか・・・と懸念していました。

でも、実際わたしは8年以上アパレル業界に身を置いています。アパレルだと食べてないから辞めるなんて思ったことはありません。

 お店の服を買うのにお金がかかる

ブランドによっては全身そのブランドでコーディネートしなくてはいけなかったりします。

中にはインナーまで全て店頭にあるもので揃えなけらばいけなかったり。

私が最初にいたブランドでは全身そのお店の服でした。でも、そんなブランドばかりではないですよ!

全身店頭の服を着る。そんなブランドばかりではない

今わたしが身を置いているショップはセレクトということもあり、取り扱っているブランドの服を着ていればOKです。

また、デニムなど定番のボトムを1本持っていれば着回せるのと、インナーなどは焼き増しの商品が多いので慣れてくると、「この商品、来年も入ってくるな」とか

「これ定番だから着回し用に持っておこう」

という感じで所有するアイテムの精査ができるようになってきます。

というか、だいたい社販で安く買えるので、お得。

確かにはじめはかなり薄給です。。。

役職がついたり、フロー給やインセンティブが発生すれば、だいぶ手取りは増えるので、

それまでにどれだけ努力するかで給料はよくなりますよ!

給料が少ない少ない言っている人は努力や試行錯誤をしていないだけです。

アパレル業界で長く働けるのか。

アパレル業界で不安に思っていることの中で長く働くことができるか、を心配される方も多いですよね。

大好きで入社したブランドも年齢を重ねるごとに合わなくなり、転職を考える方も多いです。

20代をターゲットにしたブランドに所属し、何年かキャリアを積んだとして、10年後も同じブランドで働き続けることができるかと言われると難しいです。

本人次第ではありますが自分の年齢層にあったブランドに異動したり、

そもそも会社自体が若年層をターゲットにしたブランドしかない場合は転職を考えるかと思います。

キャリアを積めば転職は結構容易な業界です。

販売職で数年のキャリアがあれば、業界内の他職種(バイヤーやプレスなど)へ応募した際も有利です。

また、転職をしながらキャリアアップをしていく人も多い業界のように感じます。

▼アパレル未経験からキャリアアップまで!求人はここから。ファッショーネ公式を見る
人脈を築き易い業界なので、それを活かしてライフスタイルにあった転職をしていくのが良いかと思います。

アパレル業界以外に興味が出たとしても、人脈は財産ですしね!

気になる職種の関係者が意外なところにいるかもしれません。

また、土日休みの環境がいい、と思うようになっても、

結構道はたくさんあります。

DBやMD、バイヤーなどの商品部やプレス、販促など土日休み職種はアパレルの中でもたくさんあるので、

販売職で力をつけて異動するのも手です。

どの職業でもデメリットはあるかと思いますが、長年働いてきてアパレル業界でデメリットを強く感じたことはほとんどない。

好きなことを仕事にできていることと、努力したぶんだけお給料や役職として評価されやすい

アパレルって給料が〜、、、体力がないと〜、、、

と思う以上に人脈が築けたり、普通のサラリーマンができない体験がたくさん出来る職種です。それが、仕事として出来るのも嬉しいですよね◎

まずは派遣社員として販売職で働いてみる。

派遣は就業スタートから高収入!

それでもいきなり正社員はハードルが高い・・・と思うなら派遣社員としてアパレルで働いてみるのはいかがですか?

まずアルバイトで入社して正社員登用というケース、多いですが始めの時給は1000円前後といったところでしょうか。そこから店頭で着る服を用意してとなると残る給料はスズメの涙。。。

派遣社員なら所属は派遣会社となり、お給料は派遣会社から支払われます。

なので、同じ店舗に在籍していてもアルバイトスタッフよりも派遣スタッフの方が時給がいい傾向。

時給1,300円〜1,800円前後でスタートなのでお金に余裕が生まれます♪

アパレルで派遣として働きたい!そんな方はアパレル特化の派遣会社がありますよ。

アパレル派遣なびでは関東・中部・関西・九州エリアを対象とし、お仕事案件は毎月1,000~1,300件常時掲載されている!

安心丁寧親身なサポート体制が魅力で、お仕事の提案から就業終了まで、 コーディネーターの変更はありません。 ずっと同じ担当者だからこそ安心してお仕事ができます。

▼派遣社員としてアパレル始めるなら登録しておきたい
アパレル派遣なび公式サイト

派遣はスキルアップ研修も充実

アルバイトとして入社の場合は研修もなくいきなり店頭で接客というケースも多いです。

右も左もわからないまま店頭に立ち何もできないまま・・・ノウハウもないのでなかなか成長できずに悩まれる子も多いのが現状。

派遣スタッフなら、スキルアップ研修を行なっている派遣会社が多いのでそこで研修を受講することができます。

成長スピードが上がり時給アップも!?

わからないことはコーディネーターに相談

派遣会社では担当のコーディネーターがスキルや要望をカウンセリングしてくれ、全面バックアップしてくれます。

アパレル業界経験者のコーディネーターが多いので業界ならではの悩みも真摯に相談に乗ってくれます。

店舗の先輩やスタッフ間で相談しにくいことってありますよね。

コーディネーターが付いているのは心強いです。わたしは店長として派遣社員さんのコーディネーターの方と顔を合わす機会がよくあるんですが、どのコーディネーターさんもスタッフのことを気にかけていて正直派遣スタッフさんたちが羨ましい。笑

地方在住の方も必見!アパレルに特化派遣会社

派遣会社って事務系やデザイン系・日雇いなど様々です。

せっかくアパレルで働きたい!という明確な目的があるなら断然アパレル業界に特化した派遣会社がおすすめ!でも、アパレルに限らず雑貨やインテリア、コスメなどの分野にも興味があるという方。そんな方にはiDAが向いています。

▼アパレル以外の販売にも興味があるのならこちらで登録
iDA(アイ・ディ・アクセス)公式サイト

都市部に多い派遣の仕事ですが、47都道府県網羅しています!

また、派遣社員として登録をしてみて、やっぱり正社員で働きたい・・・となってもiDAでは派遣社員だけではなく正社員のキャリアアップや転職にも強い。そしてアパレルだけでなくコスメ業界など他業界の案件もあるので、迷っている方はこちらが選択肢広がるかも。

申込後、登録面談の際にいろんな雇用形態に対応してくれるのは嬉しいですよね◎

初めは不安だらけかと思いますが、まずは業界に強いコーディネーターに直接相談してみてはいかがでしょうか?

アパレルはデメリットももちろんありますがそれを跳ね返すだけ多くの体験ができる職業です◎

行動あるのみ!アパレルで楽しく働きましょう◎



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.