基本の接客

まずは行動!ファーストアプローチでお客様の心を掴む

販売のお仕事、

始めたばかりだと、何を言ったらいいかわからない、、、

声かけのタイミングがわからない、、、

これからアパレルをやってみたいけどうまくお客様と話せるかな?

と不安も多いはず!

大まかな接客の流れを紹介していきます。

まずは行動!ファーストアプローチ

ただ服をたたんでいるだけ

「いらっしゃいませ」をひたすら声出し

掃除に熱中

なんなら上の空、、、

ただ時間が過ぎていくだけですよ!

お客様に声かけされた時だけ対応、、、

それじゃ「販売員」ではないですよね。

こちらから、どんどん話しかけていかなきゃ!!

・・・とはいえ、

ただふらっと立ち寄っただけ

待ち合わせの時間つぶしに

あまり話しかけられたくない、、、

と声かけにより逆効果となってしまうお客様もいます。

そういうお客様こそ引きつけるのが仕事でもありますが、

ひとまず【初級編】としてスタンダードなファーストアプローチを紹介します。

「最初の一言が出てこない」

「タイミングがつかめない」

「無視されたら嫌だな、、、」

上記が最初に当たる壁だと思います。

言葉が出ないなら、セリフでもいい

商品をお手に取られて、声かけをしなきゃ。。。

でもなんて言おう?

こんにちは?

と、頭の中ぐるぐるしている間にその商品から離れてしまいますよ!

始めは、全員に同じ言葉をかけることからスタートしていいんです。

どんなアイテムにも共通する言葉を一つ決めて、同じ言葉を。

ひたすら、

「この色、素敵ですよね」

でもいいんです。

お客様は、手に取られた瞬間、

「あ、これいいかも。」

と多少なりともポジティブな印象を商品に持ちます。

それが、色でも素材でも形でも

「素敵なもの」

という自分が持っている認識を他人に肯定されれば、

「これは素敵なものなんだ」

という認識が増す。

同時に、

「同じ認識を持ってくれた」

と心を少しだけ開いてくれます。

そして、タイミングは

手に取られた瞬間、一度心の中で深呼吸。

深呼吸が終わったタイミングでお声がけしてみましょう。

絶妙な「間」を作り、

お客様からの返事が来るはずです。

「触った瞬間じゃないの?」

それだと、

見られていた(監視されていた)

という警戒心が生まれがちです。

一呼吸置いて、満面の笑顔で声がけして見ましょう!

▼アパレル求人▼